沖縄×京都の融合!究極の“どん”が味わえる外人住宅カフェ『SANS SOUCI』

: 2015/01/26 : 10 カフェ

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。

 

沖縄の中部、北中城村にある外人住宅カフェ「SANS SOUCI (サン・スーシィ)」。カフェ通なら絶対聞いたことがあるはず。沖縄にあるカフェの中でも一線を画すクオリティのカフェです!

 

スポンサーリンク

 

SANS SOUCIとは?

 

サンスーシィは、琉球(沖縄)と京都のコラボレーションをコンセプトに、厳選された県産の食材と京都の食材を組み合わせてつくった本格的な飯カフェです。

 

京都といえば、抹茶を思い浮かべる人も多いはず。ここサンスーシィでは、抹茶やほうじ茶などの和スイーツが楽しめることもあって、抹茶好きの女性に大人気。そしてなんといっても、ごはんのクオリティがはんぱなくが高いのです!

 

当店のスイーツ、フード、ドリンクは、“沖縄と京都の食材のコラボレーション”や“沖縄にいながらにして京都を感じる”ことをテーマにして作られています。
沖縄の黒糖と京都の抹茶を融合させたスイーツや、京都の九条ねぎと沖縄の県産やんばる若鶏を合わせたフード。さらに京都から直接仕入れた京雑貨等、 「沖縄と京都の素材を組み合わせたからこそ生まれる味」「沖縄にいながらにして古都・京都のテイストが味わえる」それが“琉京”です。

——SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

メニュー表の中に記載されている素材へのこだわり。食に対する愛情が伝わってきます。食べる前からヨダレが出てくる…。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

なんでも、オーナーの奥さんは、京都にあるミシュランガイド一つ星の割烹料理店が実家なんだとか!

口コミサイトやブログでの評判も上々です。

 

もう毎日食べたい。(それほど美味しい。)
マイベストカレーうどんに決定です。

 

素材にこだわっているだけあってお値段以上に上質なお味に感じます。美味しいごはんとスイーツを堪能することができ遠くから来たかいがありました♪

 

みんなの一押しはカレーうどん。私、今まで食べた中で一番好みと思うわ。一滴残らず食べてしまったほど。

 

 

外人住宅を改装した雰囲気あるカフェ!

 

くねくねした小道を進んで住宅街の中へ進んでいくと、青い看板のサンスーシィを発見。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

真っ白の壁は、もともと外人住宅だったときの名残でしょうか。爽やかでいい雰囲気。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

入り口横にはオープンテラス席。晴れた日はとっても気持ちよさそう。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

店内に入ると暖色系の照明で、外とはまた少し違った雰囲気に。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

黒板タイプのメニューボードに、ポップに描かれたドリンクの絵。サンスーシィ人気ランキングも掲載されています。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

このお店の特徴でもある「琉京甘味」の文字。力強いチョークの感じが出てます。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

ソファーの席もありますが、こちらは来る度に埋まっているので、予約した方が良さそうです。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

テーブル席は外の景色を見ながらお食事ができますね。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

奥にある一室は小さいお子さんがいても安心できるキッズルーム。お食事をしながらでも我が子を見守ることができるので、ママさんにも定評があるみたいです。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

外からときおり入ってくる木漏れ日。心地よくほっこりします。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

トークにも花を咲かせて楽しそうに食事をとる女性グループ。コンクリートの壁にトークが反響して、声がよく響く響く。この日は平日のランチタイム終盤にも関わらず満席でした。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

そばにあった味のある脚立。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

テーブルにあった呼び鈴。どのアイテムも絵になります。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

 

サンスーシィのメニュー

 

サンスーシィの目玉商品はなんといっても「親子丼」。王道の京のふわとろ親子丼や、鶏肉の代わりに豚肉を使った他人丼。両方入ったご近所丼。

 

サンスーシィのメニュー

 

だしのきいたカレー親子丼も美味しそうですが、沖縄では珍しい湯葉丼も食べることができます。

 

サンスーシィのメニュー

 

そしてもうひとつの看板メニューが「ごまカレー南蛮うどん」。親子丼と並んでこの2つの人気ツートップ”どん”は外せません。

 

サンスーシィのメニュー

 

沖縄に丸亀製麺ができる前から本格うどんを提供しています。

 

サンスーシィのメニュー

 

しかもうどんの種類が豊富なんです。梅のなんばんうどんとかもうよだれモノです。

 

サンスーシィのメニュー

 

シンプルなきつねうどんやたぬきうどんもあります。出汁に自信がないと出せません。
 

サンスーシィのメニュー

 

個人的に気になったのがネギめし。ドストライクなのですが普通のサイズがないのが気になるところ。

 

サンスーシィのメニュー

 

京都の素材をふんだんに使ったデザートにも定評があるサンスーシィ。各種パフェに、全部盛り込んだ贅沢な特選サンスーシィパフェ!

 

サンスーシィのメニュー

 

水玉模様の抹茶黒糖ロールケーキは、ふんだんに使用されたクリームがやみつきになる一品。テイクアウト用を頂いたことがあるのですが、言うまでもなく美味しかったです。

 

サンスーシィのメニュー

 

京都らしいお雑煮や餅しるこ、抹茶白玉ぜんざい。冬にたまらないデザートですね。

 

サンスーシィのメニュー

 

 

定番の人気商品をいただく!

 

メニューがたくさんあることはわかったのですが、注文する前にもう一度人気ランキングのおさらい。現在1位は「ごまカレー南蛮うどん」、2位は「京のふわとろ親子丼」。この2つはとりあえず外せないので注文しました。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

ランチメニューにあるドリンクセットのほうじ茶を飲みながらオーダーを待ちます。このゆっくりとした時間がたまらない。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

京のふわとろ親子丼

オーダーが到着した瞬間、思わずため息をついたこの親子丼!

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

全体的な見た目のバランスも素晴らしいのですが、真っ先に目がいったのはプルプルの黄身。こちらの卵は、読谷の「はなファーム」から取り寄せているEM地養卵。黄身をくずすと卵らしさが出てまろやかな味わいに!

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

柔らかそうな見た目に反して、意外としっかりした肉の歯ごたえがある鶏肉。火で炙られいっそうジューシーさが増加。ごはんがすすみます!1つ1つ素材の味も際立ちますが、全体の味のバランスもお見事!

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

侮れないのがお吸い物。沖縄の海に負けないぐらいの透明感。一口すするだけでパンチあるダシが舌を刺激。はっきりとした味かと思いきや、コクの深みもあり、料理へのこだわりが伝わってきます。こんなお吸い物毎日飲みたい。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

ごまカレー南蛮うどん

こちらが人気ランキング1位を飾るカレーうどん。まろやかな見た目とは裏腹に、スパイスが効いた辛口の逸品。うどんとカレーを別々に作るのではなく、カレーうどんを作るために出汁ベースからしっかり作っているそう。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

白いミルクもほんのり。大量のごまが使われているそうですが、ごまの味が全面に出ない、むしろ控えめでやさしい印象を受けます。洋風のカレーではなく、しっかりと和の料理としてのカレーうどんに仕上がっている!

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

麺もほどよく食感があり上品な味わい。スパイスがきいたカレーがトロっと絡みつくので箸が止まりません!

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

アクセントとなるネギは京都の農家から仕入れた九条ねぎ。火を通すと甘みと香りが際立つ「世界一のおねぎ」なんだとか。これがあるとないではずいぶん変わりますね。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

カレーうどんのそばに添えられていた不思議な粉。さらに刺激的な味になるスパイスかとおもいきや、風味がやさしく口の中に広がります。鰹節の粉末に、山椒とすりごまなどが入っているとのこと。うどんにかければ、より和の味が強調されます。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

特選サンスーシィパフェ

サンスーシィの名物特選パフェ。目線ぐらいの高さまであるパフェがテーブルに登場したら、テンション上がるしかありません!

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

あんこや栗と、和のテイストたっぷり。抹茶は京都の宇治のものを使用し、甘い中にもほどよい深みが感じられます。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

ほうじ茶ゼリーや抹茶プリン、黒糖ロールケーキなど、サンスーシィのデザートがふんだんに使用され、2人で食べて大満足の量でした。

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)

 

店内入り口で販売している京都老舗の醤油。これを使用すると、サンスーシィの味に少し近づくかも?

 

サンスーシィのメニュー

 

 

 

詳しいインタビュー記事はこちらに載っています。サンスーシィの魅力により深く迫っているので、さらに好きになるかもしれません。

 

 

SANS SOUCI (サンスーシィ)
http://sanssouci-kitanaka.com/
住所:沖縄県中頭郡北中城村萩道150-3パークサイド #1822
TEL:098 -935-1012
営業時間:11:00~21:00 (火曜日 11:00~18:00)
定休日:水曜

 

 

管理人
ひとこと

マイベストカフェ!自信を持ってオススメします。

 

合わせてこちらもどうぞ:

 

 

 

撮影に使用したカメラはこちら。
 

 


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「カフェ」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
ガンガラー谷『cave-cafe』

洞窟の中の不思議な空間。ガンガラーの谷の鍾乳洞カフェ『cave cafe』

鍾乳洞の下に広がる洞窟カフェ『cave cafe』。那覇空港から車で30分。南部のおきなわワールド向かいにあります。カフェでゆったりコーヒーを飲みながら、数万年の歴史をじっくり堪能するのはいかがでしょ…

記事を読む

ad

ブルーシール
【画像】ずっと見ていたい。ブルーシール牧港本店のイルミネーション

11月1日に点灯式が開催されイルミネーションで彩られるブルーシール牧港…

沖縄観光先読みカレンダーPRO
海外観光客の動きがわかる?「沖縄観光先読みカレンダーPRO」2017年版

外国人観光客の動向を先読みする目的で千部限定1部500円で販売している…

桑っちーグランプリ&スイーツフェア
浦添特産といえば島桑。地元が集う『第5回桑っちーグランプリ&スイーツフェア』

浦添市で毎年開催している島桑イベント。そもそもなぜ桑なのかというと、浦…

沖縄大百科事典
「ン」で始まる言葉も⁉︎ 沖縄を詳細に記した最初で最後の『沖縄大百科事典』とは?

沖縄タイムス社が創刊35周年を記念し1983年に発行した百科事典。上中…

那覇大綱挽
世界最大級の全長200㍍! 第46回『那覇大綱挽まつり』2016の熱気を感じてきた!

今年で46回目となる「那覇大綱挽(ひき)まつり」。全長200メートル、…

meetuplogo2_resize
沖縄ブロガーミートアップvol.2開催します!

10月16日に沖縄ブロガーミートアップvol.2を開催することになりま…

オーシャンドリーム号
ピースボートの世界一周客船「オーシャンドリーム号」の船内見学に行ってきた

オーシャンドリーム号といえば「ピースボート」の船舶旅行に使用される船で…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ