最も歴史ある老舗沖縄そば店!創業100年以上の『きしもと食堂』

: 2015/05/08 : 5 グルメ

 

 
ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。

沖縄にはそば屋は数えきれないほどたくさんありますが、100年以上続く沖縄そば屋はおそらく1店舗しかありません。

沖縄の北部、名護市の本部にある「きしもと食堂」です。

 

スポンサーリンク

 

きしもと食堂とは?

 

1905年(明治38年)創業。100年以上続く現存する沖縄最古のそば屋さん。

昔ながらの伝統的な製法である、木灰(もっかい)を使った麺づくりが特徴。

ガイドブックでも多数紹介されていて、連日、地元の人々や観光客で賑わっています。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

よく岸本食堂、きしもとそば、岸本そばなど書かれていますが、正しくは「きしもと食堂」になります。

 

 

きしもと食堂の場所

きしもと食堂がある名護市本部といえば、沖縄美ら海水族館があるところ。

南部から北上すれば、美ら海水族館の前にきしもと食堂がある地域を通るため、きしもと食堂で昼ご飯を食べて、美ら海へ向かうルートが王道の観光ルートになっています。

 

 

駐車場はわかりずらい場所ですが少し離れた3カ所にあります。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

沖縄の伝統的な赤瓦づくりの古民家のそば屋。
でかでかと看板に「きしもと食堂」と書かれています。
 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

平日の昼過ぎ2時前でこの長蛇の列!

待ち時間は30分〜40分ほど。
50名程の列で観光客の恰好をした人が9割でした。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

お店のすぐ横にはイジュ(ヒメツバキと似た種)の木灰用の薪が積み上げられています。

本部では昔ながらの製法である木灰を使用したそば店はまだまだ健在ですが、めっきり少なくなってきたようです。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

お店の向かいにある自動販売機。
一番安い缶が50円!?何かなと思ったら左上の炭酸グレープでした。

列の待ち時間に暑さしのぎでジュースを買う親子がちらほらいました。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

店内は狭く長いテーブル2つにたたみ席が3つと奥にもいくつかあって35席ほど。
そば屋なので回転は速いです。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

それにしても壁一面を覆うほどのサインの数!
テレビや新聞で取材されたりとサインの数が人気を物語っています。

なぜか具志堅用高は2枚ありました…(笑)

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

メニューは「そば大 (650円) 」「そば小 (500円) 」「手作りジューシー / 沖縄風炊き込みご飯 (250円) 」の3つのみ。

そば大とジューシーで大人男性が満腹になる量。
家族連れだと子供は小サイズで充分だと思います。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

こちらがきしもと食堂が100年以上守り続けてきた製法で作られた沖縄そば。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

沖縄そば大きくソーキそばと三枚肉そばにわけられますが、こちらは骨なしの豚バラ肉である三枚肉そばになります。

トロトロに煮込んである三枚肉は、ほどよく柔らかく、変な臭みは一切しません。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

麺は自家製手打ちの平太麺。うどんに近い食感で歯ごたえがしっかりしています。

本部はカツオで有名な町。地元のカツオを活かした出汁は、カツオががっつり効いて旨みが凝縮し、風味が豊か。そのため、透明感はあるのに濃いめのスープに仕上がっています。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

手作りジューシーは見た目の割にはさっぱりとした印象。

カツオや豚肉などの出汁はご飯にしっかりと染みこんでいますが、塩分はあまり濃くありません。沖縄そばの出汁と一緒に食べると美味しさが倍増します。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂

 

沖縄の無数にあるそばを食べてもやっぱりきしもと食堂のそばは別格。

一度食べたら忘れられない味とはこのこと。人気の理由が納得できます。

 

 

近くには有名な新垣ぜんざい!

 

きしもと食堂のすぐ近くの距離に氷ぜんざいの名店「新垣ぜんざい」があります。

 

沖縄  名護  本部  きしもと食堂
Photo by 離島ドットコム

 

曜日に注意!

きしもと食堂でそばを食べた後は、新垣ぜんざいで氷ぜんざいを食べるという流れもこれまた王道!

きっと満足できる北部の旅になること間違いなし。

 

新垣ぜんざいの定休日は月曜日。きしもと食堂の定休日は水曜日なので、本部にいくなら月曜日と水曜日は避けていきましょう!

 

 

『きしもと食堂』
営業時間:11:00~17:30(売切れ次第閉店)
電話:0980-47-2887
住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地5
座席:35席
定休日:水曜日

 

 

管理人
ひとこと

2号店は並ぶ必要がないのでおすすめ!

 
合わせてこちらもどうぞ:

—おきなわの魅力が満載!—
沖縄関連の記事へ

 


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「グルメ」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
ice2

沖縄の意外なアイス事情

2012年にトレンド総研が発表した「日本人の意外なアイス事情」に記載された以下の事実をご存知でしょうか。 …

記事を読む

全国ご当地おやつランキング準グランプリの『とろなまマンゴープリン』

全国ご当地おやつランキングで準グランプリ!沖縄の『とろなまマンゴープリン』を食べてみた

南国から誕生したマンゴースイーツ   ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 プリン好きな友人にプレゼントしようと、沖縄に美味しいプリンがないか探していたら、こんなのを見…

記事を読む

首里にあるカレー専門店「ポケットマーニー」

首里高の学生に人気!30年続くカレー専門店『ポケットマーニー』

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 首里高校近くにある『ポケットマーニー』というお店をご存知でしょうか?旨い、安いをモットーに、食べやすいカレー作りを心がけてい…

記事を読む

那覇小禄ジャスコ内「壺中天菜館」

ラグナガーデンの味をリーズナブルに!ホテル直営の麺専門店『壺中天菜館』

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 今回紹介するのは、那覇市小禄のジャスコ内にあるレストラン「壺中天菜館」。宜野湾のラグナガーデンホテルが直営しているレスト…

記事を読む

玉家-大里店

あっさり透明スープが決め手!第二回沖縄そば王受賞の名店『玉家』

  突然ですが、どんな沖縄そばが好きですか? ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 僕はラーメンが好きなので、コッテリ系の沖縄そばが好きです。あっさり系のそばはあまり食べ…

記事を読む

Aコープモーレ羽地店のお供えセット.jpg

シーミーや葬祭の供物にいかが?沖縄北部で味に定評のあるお供えセット

沖縄の旧暦行事。毎度北部のスーパーにお世話になることが多いのですが、最近親戚の間でちょっとした話題になっているのが、とあるお店の供え物。けっこうどこも似たり寄ったりな商品が多い中、味がしっかりしていて…

記事を読む

POSILLIPO沖縄

瀬長島に南イタリアの風が吹く。沖縄にいることを忘れさせる絶景レストラン『POSILLIPO』

瀬長島ホテル横にちょこんとあるPOSILLIPO(ポジリポ)。2階はレストラン、3階はバーになっており、オーシャンビューの絶景を眺めることができるお店です。今回行って感じたことは、このお店、間違いなく…

記事を読む

中華食堂「ドラゴン」豊見城店

オープンしたての中華食堂『ドラゴン』豊見城店に行ってみた!

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 ローカルな情報失礼します。この前に紹介した中華食堂「ドラゴン」豊見城店が、先日の12日にオープンしました!   …

記事を読む

沖縄 ガンガラーの谷 鍾乳洞カフェ Cave Cafe

神秘的!沖縄南部のガンガラーの谷にある鍾乳洞カフェ『Cave Cafe』

  沖縄にはかつてないほどカフェが乱立し、カフェブームがきています。   特に北部や南部ではロケーションの良いところに立地しオープンしているカフェは観光客に大人気。 &…

記事を読む

沖縄デパートリウボウ

沖縄で買える!リウボウでニューヨーク人気店の珈琲豆を発見!

  ともだちのプレゼントを購入するために訪れた、那覇市県庁向かいにあるデパートリウボウ。最近はオシャレな雑貨が増えているので、なかなかの頻度で訪れているかも。   …

記事を読む

ad

「美らイチゴ糸満農園」
予約不要でいちご狩り。南部に「美らイチゴ糸満農園」がオープン!

2017年2月15日に開園した新いちご狩りスポットに行ってきました。予…

ルネッサンスリゾートオキナワのイルミネーション
プールに浮かぶ青イルカ。ホテル『ルネッサンスリゾート』のイルミネーション

大きく光る「R」のロゴ。ホテルのビーチエリアに約8万球の明かりが灯りま…

中国式庭園・福州園のライトアップ
日本百名月に認定。那覇市『福州園』の夜間特別ライトアップ

異国情緒あふれる那覇市『福州園』。ライトアップイベントは、2016年度…

2017-0327.4.jpg
海も見渡せる沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行ってきた。

那覇から片道2時間半。沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行っ…

ケータリングサービスinOIST
上間弁当てんぷらの新サービスがお洒落すぎて紹介せずにはいられない

弁当や惣菜でおなじみの「上間弁当てんぷら」が新ケータリングサービス"C…

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)
こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Sub…

2016年買ってよかったものまとめ
カメラ機材とおつまみ。2016年買ってよかったものまとめ

振り返りの季節。2016年は、物はそんなに買っていないものの、一眼レフ…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ