創業100年以上。極上の鰻が堪能できる福岡中洲の『吉塚うなぎ屋 本店』

: 2015/11/02 : 5 福岡

吉塚うなぎ屋 本店

 

ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。

これまで食べてきたうなぎは一体何だったのでしょうか。そんなことを思わせる味に出会いました。たかだか20年ちょっと生きて、偉そうにうなぎ論とか語れませんので、せめて紹介だけでもしたいと思います。

 

みよ! これが世界に誇る、福岡の「U・NA・GI」だ!!(迫真)

 

スポンサーリンク

 

行列必須のうなぎの名店

 

福岡の中心地、博多駅から徒歩15分ほどのところにある中洲の一角。キャナルシティ博多からだと、歩いて5分もかからない場所にそれはあります。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 
こちらが今回ご紹介する『吉塚うなぎ屋 本店』。外観もそれなりの品格が漂います。平日の昼でもとにかく人が並んでいること! 13時前に行って5組ほど待っていました。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

3階まで座席があり、1階は待合場所のような雰囲気。待っている間、周辺の散策や掲示物を物色することに。
 

吉塚うなぎ屋 本店

 

伝統織物らしきものも展示されていました。ふむふむ。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

創業は明治6年(1873年)。今年でなんと143年目ということになります。ここに移転してきたのは半世紀以上も前のこと。歴史を感じますね。どうやら福岡のうなぎ屋さんは歴史が長いところが多いようです。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

5組待ちでしたが、回転が早いので10分も経たないうちに中に入ることができました。人が多いので、店員のテキパキ感もはんぱない。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

お客さんはうなぎの値段が高いことも合って、年齢層は高め。シャツを着たビジネスマンや、歳を召した老夫婦などが多かったですね。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

1番安いうなぎ丼で1,480円。うな重は2,390円からで、蒲焼きの特上だと4,000円もします。せっかくなので、うな重(上)と(特)を注文しました!

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

厳選されたうなぎを食す!

 

うな重には、肝吸い(ウナギの内臓が入った吸い物)と漬け物が付きます。iPhoneは付いて来ません。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

重箱を開けると神々しいうなぎがお目見え!

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

フタを開けると一気に漂う香ばしさ。身がふっくらとしていて、瑞々しい。ほどよく焦げ目もついています。写真を撮る手に思わず力が入ります。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

早速ホクホクのご飯にのせてうなぎを食べてみる…。まず驚いたのはその食感。表面は、パリっとしていますが、中はジューシーそのもの。外はパリッ、中はフワッとよく言いますが、まさにそれに近い表現! なんでも、鰻の味を最大に引き出すため、焼きの段階で、「こなし」という独自の技が入っているんだとか。

上質な脂もしっかり感じられて、見た目以上にボリュームがあります。こ、これがうなぎ。。 
 

吉塚うなぎ屋 本店

 

奥がうな重(上)で、手前がうな重(特)。見た目からはほとんど区別はつきませんが、味はやはり違います。上も、もちろん美味しいのですが、特上の方がやはり、上質な脂身でした。食べ比べると違うもんなんだなぁ。
 

吉塚うなぎ屋 本店

 

ちなみに別皿で出されたタレは、創業以来、門外不出の味として伝わってきたほんのり甘めのタレ。見た目はあっさりそうですが、意外と濃厚。うなぎにもともとかかったタレでも十分だったので、アクセントとして使用しました。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

そして更にうなぎを引き立てる山椒と七味。どちらも普通のものと違って、口に含んだあとの後味の広がりが違う。香り豊かで独特な風味が広がるんですよね。
 

吉塚うなぎ屋 本店

 
うなぎの肝が入ったお吸い物。旨味たっぷりのうなぎを食べた後のお口直しにこのやさしいお吸い物がたまりません。これがあるとないのとでは、うなぎの進み具合が違います。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

期待して行ったのはもちろんですが、お値段以上の価値がある、味とインパクトでした。レベル高すぎ。ほんと、お腹いっぱいです。

 

吉塚うなぎ屋 本店

 

 

 

吉塚うなぎ屋 本店
http://www.yoshizukaunagi.com/

 

 

管理人
ひとこと
タモリさんがおすすめするうなぎ屋、という噂があるみたいですね。

 

合わせてこちらもどうぞ:

 


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「福岡」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

夕日の名所!海の大鳥居と夫婦岩に絶景の予感しかしない二見ヶ浦

夫婦岩って知っていますか?。めおといわやふうふいわと呼ばれ、岩が2つ以上並んでいる場所はそう名付けられていることが多いそうです。福岡県の糸島市にある夫婦岩は、「日本の夕陽100選」に入っている観光スポ…

記事を読む

bodegainiesta

イニエスタを語るにはワインを飲んでから。情熱が詰まったボデガ・イニエスタ産ワインが販売中。

世界一強いクラブといっても過言ではない「FCバルセロナ」に所属しているMFであり、スペイン代表の中核を担う選手「イニエスタ」。彼はワインが好きすぎて、自分でワイナリーを所有するほどまでに至ったんだとか…

記事を読む

太宰府天満宮の絵馬の掛所

半日ふらっと散歩。市内から1時間で行ける『太宰府天満宮』

福岡市内から片道1時間もかからない場所にある、学問の聖地『太宰府天満宮』。バスや電車でサクッと行ける距離にあります。市内からのアクセス方法や、太宰府天満宮の中の様子を紹介します。…

記事を読む

鳳凛

一蘭と食べ比べてみる価値あり?唐辛子入りラーメン発祥の店『鳳凛』

鳳凛の前身は1966年に創業。「唐辛子入りラーメン発祥の店」として誕生したそのラーメン屋は、のちに一蘭へと発展していきます。それとは別に、創業者から全面的な協力を得て、05年に10年ぶりに復活を果たし…

記事を読む

ザ・プレミアム・モルツ フェスト

1杯200円!福岡博多駅で開催のプレモル史上最大の祭典に行ってきた!

「ザ・プレミアム・モルツ フェスト」は、プレモルの美味しさを知ってもらうことを目的とした「ザ・プレミアム・モルツ」史上最大の祭典。5月1日(金)より全国10都市で開催しています。今回は旅行中に、福岡の…

記事を読む

ふくちゃんラーメン

リピーターになること間違いなし。行列が絶えない老舗店『ふくちゃんラーメン』

福岡在住のともだちに、「おすすめのラーメン屋ある?」と聞いたら、是非とも食べてほしいラーメンとして紹介されたふくちゃんラーメン。創業40年を迎える味は、王道でシンプル。洗練されたトンコツスープにやられ…

記事を読む

キナフク

水分は生クリームのみ。糸島産の素材にこだわるスコーン専門店『キナフク』

糸島市前原東にちょこんとあるスコーン屋「キナフク」。通常スコーンというのは、水や牛乳、卵などを使用するのですが、キナフクのスコーンは、生クリームの水分のみで作られていること。それによってしっとりした食…

記事を読む

キャンベル・アーリーのバナナセット.jpg

女性に大人気!博多駅にあるフルーツメインのパンケーキ専門店『キャンベル・アーリー 』

JR博多シティ9階のフードコート「くうてん」にあるキャンベル・アーリー。たくさんのお店がひしめく中、ここは行列ができるほどの人気店なのです。その日に使う分しか仕込まれない生地と、全て手作りのソースとキ…

記事を読む

福岡モツ鍋「一藤」

福岡の中心地で美味いもつ鍋!高級感ある雰囲気がおすすめの専門店『一藤』

福岡の中心地、天神西通りに入ってすぐのところにあるもつ鍋専門店『一藤』。上馬刺しなど一品物のレベルも高いですが、やはりもつ鍋も間違いなし。和テイストで高級感ある造りが特徴。デートにも観光にもおすすめの…

記事を読む

JR博多シティ-つばめの杜ひろば.jpg

駅の最上階に和の空間。外国人が喜びそうな博多駅の隠れスポット。

2011年にリニューアルして4年が経過する、博多駅の「JR博多シティ」。中は巨大で1日中周っても足りないくらい。そんなJR博多シティの屋上に、「鉄道神社」と呼ばれる憩いのスペースがあるのをご存知ですか…

記事を読む

ad

かりゆしミリオンファンタジー
【画像】140万球のイルミネーションが無料!恩納村の「かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」

沖縄の3大イルミネーションの1つ、かりゆしビーチリゾートの「ミリオンフ…

ブルーシール
【画像】ずっと見ていたい。ブルーシール牧港本店のイルミネーション

11月1日に点灯式が開催されイルミネーションで彩られるブルーシール牧港…

沖縄観光先読みカレンダーPRO
海外観光客の動きがわかる?「沖縄観光先読みカレンダーPRO」2017年版

外国人観光客の動向を先読みする目的で千部限定1部500円で販売している…

桑っちーグランプリ&スイーツフェア
浦添特産といえば島桑。地元が集う『第5回桑っちーグランプリ&スイーツフェア』

浦添市で毎年開催している島桑イベント。そもそもなぜ桑なのかというと、浦…

沖縄大百科事典
「ン」で始まる言葉も⁉︎ 沖縄を詳細に記した最初で最後の『沖縄大百科事典』とは?

沖縄タイムス社が創刊35周年を記念し1983年に発行した百科事典。上中…

那覇大綱挽
世界最大級の全長200㍍! 第46回『那覇大綱挽まつり』2016の熱気を感じてきた!

今年で46回目となる「那覇大綱挽(ひき)まつり」。全長200メートル、…

meetuplogo2_resize
沖縄ブロガーミートアップvol.2開催します!

10月16日に沖縄ブロガーミートアップvol.2を開催することになりま…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ