夕日の名所!海の大鳥居と夫婦岩に絶景の予感しかしない二見ヶ浦

: 2015/11/02 : 4 福岡

糸島市二見ヶ浦にある夫婦岩

 

糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

 

ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。

突然ですが夫婦岩って知っていますか?。めおといわやふうふいわと呼ばれ、岩が2つ以上並んでいる場所はそう名付けられていることが多いそうです。

 

夫婦岩(めおといわ、ふうふいわ、みょうといわ)、夫婦石(めおといし、ふうふいし、みょうといし)は、日本各地にある奇岩、名勝。2つの岩が夫婦が寄り添うように見えることから名付けられる。海面から飛び出した岩と、山中の岩に大別できる。

——Wikipedia

 

全国にはたくさんの夫婦岩があるらしいのですが、今回の福岡旅行で、糸島をドライブしている道中にも見つけることができました。どうやら、糸島では定番の観光スポットらしいです。

 

スポンサーリンク

 

「日本の夕陽100選」に入っている観光スポット

 

糸島の海岸沿いを走っていると何やら大きな岩と鳥居を発見。徒歩で向かってみます。

 

糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

 

近づいて行くとだんだん鳥居が大きいことに気が付きました。しかし、それ以上に周りにあるこの丸っこい岩石に目がいってしまう。。

 

糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

 
わかりづらいですが、これ、大の大人が両手を広げるよりデカイです。こんな角が削れた大きい岩なんて、沖縄にないから珍しく思えてしまいます。ほら、沖縄の岩場ってゴツゴツしているから…。

糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

 

遠目ですがわかりますか?。左にいる男性からその鳥居の大きさが伝わるかと思います。
 

糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

 

海にある鳥居って何かすごく神聖。

 

糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

 

潮が引いてることもあって、鳥居の真下まで来ることができました。真正面には大きな夫婦岩が祀られています。

自然に存在し、特に巨大な石や岩は紙が宿る場所として祀られる対象(=ご神体)になるようです。たしかにこんなものが海の上にあったら、ただならぬ感じがしますよね。
 

糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

 
糸島市観光協会のサイトによると、右の岩が高さ11.8m、左の岩が高さ11.2m。2つの岩を結ぶ大注連縄の長さは30m、直径50㎝、重さ1トンにもなるんだとか。毎年ゴールデンウィークの時期にこの大注連縄つくりと大注連縄のかけ替えが行われるそうです。ということは、今年はちょうど替え終わっていますね。

 

 

ちなみに、この夫婦岩は、日本の夕陽百選に選ばれており、夏至の日には夫婦岩の間から日が沈むそうです。ステキやん。

 

糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

 

それにしても手前の岩。何かに似ていませんか?。そう、クジラです(ドヤ)。クジラに似ているので、鯨岩と呼ばれているようです。ちょっと無愛想ですね。

 

糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

 

この二見ヶ浦の鳥居と夫婦岩。高台にある公園から見ると海の色が綺麗に映え、絶景を眺めることができるんだとか。快晴や夕日が沈むころは、絶対いい写真が撮れるんだろうな。写真共有サイトのFlickrで二見ヶ浦を検索したら、でるでる絶景の数々。

 

Futamigaura Beach

Photo by tomosang on Flickr

 

二見ヶ浦夕景2

Photo by 東谷 貨物 on Flickr

 

今度はガッツリ写真を撮りに行きたいなぁ…。

 

 

 

 

管理人
ひとこと
写真の水平がずれているのが気になったらスイマセン。。

 

合わせてこちらもどうぞ:

 

 
撮影に使用したカメラはこちら。
 

 


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「福岡」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
キャンベル・アーリーのバナナセット.jpg

女性に大人気!博多駅にあるフルーツメインのパンケーキ専門店『キャンベル・アーリー 』

JR博多シティ9階のフードコート「くうてん」にあるキャンベル・アーリー。たくさんのお店がひしめく中、ここは行列ができるほどの人気店なのです。その日に使う分しか仕込まれない生地と、全て手作りのソースとキ…

記事を読む

鳳凛

一蘭と食べ比べてみる価値あり?唐辛子入りラーメン発祥の店『鳳凛』

鳳凛の前身は1966年に創業。「唐辛子入りラーメン発祥の店」として誕生したそのラーメン屋は、のちに一蘭へと発展していきます。それとは別に、創業者から全面的な協力を得て、05年に10年ぶりに復活を果たし…

記事を読む

キナフク

水分は生クリームのみ。糸島産の素材にこだわるスコーン専門店『キナフク』

糸島市前原東にちょこんとあるスコーン屋「キナフク」。通常スコーンというのは、水や牛乳、卵などを使用するのですが、キナフクのスコーンは、生クリームの水分のみで作られていること。それによってしっとりした食…

記事を読む

bodegainiesta

イニエスタを語るにはワインを飲んでから。情熱が詰まったボデガ・イニエスタ産ワインが販売中。

世界一強いクラブといっても過言ではない「FCバルセロナ」に所属しているMFであり、スペイン代表の中核を担う選手「イニエスタ」。彼はワインが好きすぎて、自分でワイナリーを所有するほどまでに至ったんだとか…

記事を読む

吉塚うなぎ屋-本店

創業100年以上。極上の鰻が堪能できる福岡中洲の『吉塚うなぎ屋 本店』

創業は明治6年(1873年)。あのタモリさんがおすすめするうなぎ屋さんとして噂されているお店です。3,000円近い値段がするうな重(上)とうな重(特)を食べてきました。そのお味とは?…

記事を読む

糸島市『白糸の滝』

気軽に涼感!福岡市内から1時間でいける糸島市『白糸の滝』

福岡の中心地からは小1時間ほど。糸島には、「白糸の滝」と呼ばれる、県の天然記念物に指定された滝があります。滝幅14m、落差は24m。岩肌を優しく流れる様子が、白い糸のようにみえることから命名されたんだ…

記事を読む

JR博多シティ-つばめの杜ひろば.jpg

駅の最上階に和の空間。外国人が喜びそうな博多駅の隠れスポット。

2011年にリニューアルして4年が経過する、博多駅の「JR博多シティ」。中は巨大で1日中周っても足りないくらい。そんなJR博多シティの屋上に、「鉄道神社」と呼ばれる憩いのスペースがあるのをご存知ですか…

記事を読む

ふくちゃんラーメン

リピーターになること間違いなし。行列が絶えない老舗店『ふくちゃんラーメン』

福岡在住のともだちに、「おすすめのラーメン屋ある?」と聞いたら、是非とも食べてほしいラーメンとして紹介されたふくちゃんラーメン。創業40年を迎える味は、王道でシンプル。洗練されたトンコツスープにやられ…

記事を読む

ザ・プレミアム・モルツ フェスト

1杯200円!福岡博多駅で開催のプレモル史上最大の祭典に行ってきた!

「ザ・プレミアム・モルツ フェスト」は、プレモルの美味しさを知ってもらうことを目的とした「ザ・プレミアム・モルツ」史上最大の祭典。5月1日(金)より全国10都市で開催しています。今回は旅行中に、福岡の…

記事を読む

太宰府天満宮の絵馬の掛所

半日ふらっと散歩。市内から1時間で行ける『太宰府天満宮』

福岡市内から片道1時間もかからない場所にある、学問の聖地『太宰府天満宮』。バスや電車でサクッと行ける距離にあります。市内からのアクセス方法や、太宰府天満宮の中の様子を紹介します。…

記事を読む

ad

「美らイチゴ糸満農園」
予約不要でいちご狩り。南部に「美らイチゴ糸満農園」がオープン!

2017年2月15日に開園した新いちご狩りスポットに行ってきました。予…

ルネッサンスリゾートオキナワのイルミネーション
プールに浮かぶ青イルカ。ホテル『ルネッサンスリゾート』のイルミネーション

大きく光る「R」のロゴ。ホテルのビーチエリアに約8万球の明かりが灯りま…

中国式庭園・福州園のライトアップ
日本百名月に認定。那覇市『福州園』の夜間特別ライトアップ

異国情緒あふれる那覇市『福州園』。ライトアップイベントは、2016年度…

2017-0327.4.jpg
海も見渡せる沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行ってきた。

那覇から片道2時間半。沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行っ…

ケータリングサービスinOIST
上間弁当てんぷらの新サービスがお洒落すぎて紹介せずにはいられない

弁当や惣菜でおなじみの「上間弁当てんぷら」が新ケータリングサービス"C…

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)
こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Sub…

2016年買ってよかったものまとめ
カメラ機材とおつまみ。2016年買ってよかったものまとめ

振り返りの季節。2016年は、物はそんなに買っていないものの、一眼レフ…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ