気軽に涼感!福岡市内から1時間でいける糸島市『白糸の滝』

: 2015/11/02 : 6 福岡

 

ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。

海岸線の糸島ドライブを十分に楽しんで、スコーンも食べたところで、今度は山にある滝へと向かいました。糸島には、「白糸の滝」と呼ばれる、県の天然記念物に指定された滝があります。

市内からのアクセスもよく、気軽に訪れることのできる涼しみスポットとして週末になるとたくさんの人で賑わうようです。

 

スポンサーリンク

 

優しく流れる白い糸のような滝

 

小麦畑を抜けていざ白糸の滝へ! すすめばすすむほど自然の景色が増えていきます。福岡の中心地とは全然違う風景が広がります!

 

糸島市『白糸の滝』への道中

 

糸島市の中心地から車を走らせて約30分。福岡の中心地からは小1時間ほど。白糸の滝に到着しました!

 

糸島市『白糸の滝』

 
糸島には標高1,000m近い山もあるそうですが、ここ羽金山は500mほどの高さ。市街地とはうってかわって,ひんやりとした空気が流れます。きもちいいー!
 

糸島市『白糸の滝』

 

駐車場に停める前、窓から見えた水車。 沖縄には水車がないのでテンションが上がる!

 

糸島市『白糸の滝』

 
木造で風情がある水車。見た目はかなり古そうだけど、どれぐらい前に建てられたものなんだろう…。
 

糸島市『白糸の滝』

 

滝まではここから200mほどなのですぐに到着します。それにしてもなんて空気が美味しいんだ。周囲は樹齢約300年といわれる県指定の天然記念物「萬龍楓(ばんりゅうかえで)」が自生しているそうです。
 

糸島市『白糸の滝』

 

水車の前にある橋からパシャリ。奥に見えるのが白糸の滝です。ちかっ!

なにやら滝の手前でゴソゴソしている人たちがいます。
 

糸島市『白糸の滝』

 
なんと釣りをしている模様! どうやらここでは釣り具をレンタルして、やまめ釣りができるようです。用具のレンタルは2,000円で、4匹まで釣れるんだとか。

 

糸島市『白糸の滝』

 
近づいて見てみると、ヤマメの大群を発見! ここが釣り堀になっているんですね。釣った魚は塩焼きにして食べることができるみたい。なんて楽しそうなアクティビティ。

 

糸島市『白糸の滝』

 

そして目の前の広がる白糸の滝!池の手前までしか行けませんが、かなり迫力があって、マイナスイオン浴びまくりです。

滝幅14m、落差は24m。岩肌を優しく流れる様子が、白い糸のようにみえることから命名されたんだとか。ということは、その写真を撮らないと本当の白糸の滝を撮ったことにはならないわけですね。これは一眼初心者の僕への挑戦状とみた。(違う)
 

糸島市『白糸の滝』

CanonEOS70D F9 1/50秒 ISO640 露出補正-2/3

 

あなたもどこかで水がサーッと流れるような川の写真を見たことがあるはず。これは、シャッタースピードを遅くして撮ると、その間に流れている水の軌跡が写っているから。さっそく僕も挑戦します。不覚にも、三脚はないので、周りにあるものでカメラを固定してシャッターを切ります。

そして撮れた写真がこちら。今回のシャッタースピードは2秒。もっと長く撮りたかったのですが、これ以上撮ると明るくなり過ぎて白飛びしました。でも、ゆっくり滑らかになっているので、ひとまず合格点?

 

糸島市『白糸の滝』

CanonEOS70D F22 2秒 ISO100 露出補正-2/3

 

これ以上長く撮る場合は、レンズに入る光を少なくする(減光する)NDフィルターが必要になるんですね。こういうときに使うのか!
 

 

ちなみに滝の前にはベンチもあるので、人がそれほどいない場合はゆっくり眺めることもできます。平日だったので、いい感じに写真も撮ることができました。

 

糸島市『白糸の滝』

 

渓流側から滝に向かいましたが、売店や食事処もありました。なんとそうめん流し体験(1人400円)もやってるみたいですね!

 

糸島市『白糸の滝』

 
滝のすぐ側から見えるそうめんを流すであろう流し台。冷たい地下水でしめたそうめんが竹筒のレーンを流れます。

これ、1度でいいからやってみたい。
 

糸島市『白糸の滝』

 
今日は平日で曇気味の天気ということもあり人もまばら。5月ゴールデンウィークからヤマメ釣りまつりやそうめん流しが始まるので、夏場はさぞかし賑わいそうですね。
 

糸島市『白糸の滝』

 

駅がないので、白糸の滝までは車の移動が必要ですが、福岡の中心地から1時間ほどで着くので、けっこう良い涼スポットだと思います!特にヤマメ釣りや流しそうめんはなかなか体験できないですもんね。

 

 

 

 

 

白糸の滝 ふれあいの里
http://www.city.itoshima.lg.jp/soshiki/24/shiroito.html
住所:福岡県糸島市白糸460−1

 

 

管理人
ひとこと
お腹いっぱいで、ヤマメはどのみち食べれなかったんだと自分に言い聞かせる。

 

合わせてこちらもどうぞ:

 

 

撮影に使用したカメラはこちら。
 

 


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「福岡」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
starbucks

伝統と現代の融合。圧巻の木組みが話題のスターバックス『太宰府天満宮表参道店』

福岡の太宰府天満宮の表参道にある全国有数のコンセプトストア。建築家の隈研吾氏により「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトをもとに設計されたそうです。"木組み"という伝統的な技術を駆使し、釘…

記事を読む

キナフク

水分は生クリームのみ。糸島産の素材にこだわるスコーン専門店『キナフク』

糸島市前原東にちょこんとあるスコーン屋「キナフク」。通常スコーンというのは、水や牛乳、卵などを使用するのですが、キナフクのスコーンは、生クリームの水分のみで作られていること。それによってしっとりした食…

記事を読む

ふくちゃんラーメン

リピーターになること間違いなし。行列が絶えない老舗店『ふくちゃんラーメン』

福岡在住のともだちに、「おすすめのラーメン屋ある?」と聞いたら、是非とも食べてほしいラーメンとして紹介されたふくちゃんラーメン。創業40年を迎える味は、王道でシンプル。洗練されたトンコツスープにやられ…

記事を読む

福岡モツ鍋「一藤」

福岡の中心地で美味いもつ鍋!高級感ある雰囲気がおすすめの専門店『一藤』

福岡の中心地、天神西通りに入ってすぐのところにあるもつ鍋専門店『一藤』。上馬刺しなど一品物のレベルも高いですが、やはりもつ鍋も間違いなし。和テイストで高級感ある造りが特徴。デートにも観光にもおすすめの…

記事を読む

JR博多シティ-つばめの杜ひろば.jpg

駅の最上階に和の空間。外国人が喜びそうな博多駅の隠れスポット。

2011年にリニューアルして4年が経過する、博多駅の「JR博多シティ」。中は巨大で1日中周っても足りないくらい。そんなJR博多シティの屋上に、「鉄道神社」と呼ばれる憩いのスペースがあるのをご存知ですか…

記事を読む

キャンベル・アーリーのバナナセット.jpg

女性に大人気!博多駅にあるフルーツメインのパンケーキ専門店『キャンベル・アーリー 』

JR博多シティ9階のフードコート「くうてん」にあるキャンベル・アーリー。たくさんのお店がひしめく中、ここは行列ができるほどの人気店なのです。その日に使う分しか仕込まれない生地と、全て手作りのソースとキ…

記事を読む

吉塚うなぎ屋-本店

創業100年以上。極上の鰻が堪能できる福岡中洲の『吉塚うなぎ屋 本店』

創業は明治6年(1873年)。あのタモリさんがおすすめするうなぎ屋さんとして噂されているお店です。3,000円近い値段がするうな重(上)とうな重(特)を食べてきました。そのお味とは?…

記事を読む

鳳凛

一蘭と食べ比べてみる価値あり?唐辛子入りラーメン発祥の店『鳳凛』

鳳凛の前身は1966年に創業。「唐辛子入りラーメン発祥の店」として誕生したそのラーメン屋は、のちに一蘭へと発展していきます。それとは別に、創業者から全面的な協力を得て、05年に10年ぶりに復活を果たし…

記事を読む

太宰府天満宮の絵馬の掛所

半日ふらっと散歩。市内から1時間で行ける『太宰府天満宮』

福岡市内から片道1時間もかからない場所にある、学問の聖地『太宰府天満宮』。バスや電車でサクッと行ける距離にあります。市内からのアクセス方法や、太宰府天満宮の中の様子を紹介します。…

記事を読む

Hona-Cafe-in-糸島市

糸島ドライブで外せない!海岸沿いの海が見えるお洒落なカフェ『Hona Cafe』

道中よし、雰囲気よし、料理よしのHona Cafe in糸島は、カップルに間違いないお店。天神にもあるホナカフェは、元福岡ソフトバンクホークスの斉藤和巳さんがオーナーを務めます。パンケーキのお店が流行…

記事を読む

ad

かりゆしミリオンファンタジー
【画像】140万球のイルミネーションが無料!恩納村の「かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」

沖縄の3大イルミネーションの1つ、かりゆしビーチリゾートの「ミリオンフ…

ブルーシール
【画像】ずっと見ていたい。ブルーシール牧港本店のイルミネーション

11月1日に点灯式が開催されイルミネーションで彩られるブルーシール牧港…

沖縄観光先読みカレンダーPRO
海外観光客の動きがわかる?「沖縄観光先読みカレンダーPRO」2017年版

外国人観光客の動向を先読みする目的で千部限定1部500円で販売している…

桑っちーグランプリ&スイーツフェア
浦添特産といえば島桑。地元が集う『第5回桑っちーグランプリ&スイーツフェア』

浦添市で毎年開催している島桑イベント。そもそもなぜ桑なのかというと、浦…

沖縄大百科事典
「ン」で始まる言葉も⁉︎ 沖縄を詳細に記した最初で最後の『沖縄大百科事典』とは?

沖縄タイムス社が創刊35周年を記念し1983年に発行した百科事典。上中…

那覇大綱挽
世界最大級の全長200㍍! 第46回『那覇大綱挽まつり』2016の熱気を感じてきた!

今年で46回目となる「那覇大綱挽(ひき)まつり」。全長200メートル、…

meetuplogo2_resize
沖縄ブロガーミートアップvol.2開催します!

10月16日に沖縄ブロガーミートアップvol.2を開催することになりま…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ