サーモンやイクラはのりません。こだわりの地産地消。糸島産の海鮮丼が新鮮すぎる!

: 2015/11/02 : 4 福岡

JF糸島『志摩の四季』

 

ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。

福岡旅行二日目は、福岡に住んでいる友人に糸島市を案内してもらいました。糸島市はどういうところかというと、海あり山ありカフェありと、週末の家族ドライブやデートスポットにおすすめの場所がたくさんあるとのこと。

なんかワクワクしますよね!とりあえず宿泊先まで車で拾ってもらって、糸島市内にある、とある場所で海鮮丼を食べることにしました!。その場所はJF糸島『志摩の四季』。

 

 

スポンサーリンク

 

地元の旬が集まる物産直売所

 
福岡の中心地から車を走らせてから約50分。都会の雰囲気から一変、一気に畑や瓦屋根が増え始め、ほのぼのとした景色が広がります。JF糸島『志摩の四季』へ向かいます。

 

JF糸島『志摩の四季』までの道中
 

JFは「Japan Fisheries cooperative」の略で、漁業協同組合を指します。あまり馴染みがありませんが、いわゆる鮮魚や活魚など捕れたての海産物が集まる市場みたいなものです。沖縄にも那覇の泊いのまちをはじめ3ヶ所あります。

 

JF糸島『志摩の四季』

 

なんといってもいいのは今朝仕入れた魚がスーパーよりお手ごろな値段で買えること!
 

JF糸島『志摩の四季』

 
このサザエなんておおぶりで8個も入って950円ですよ! 1個120円もしません。お土産に買って帰りたい。
 

JF糸島『志摩の四季』

 

1日の営業時間が3時間の海鮮丼屋!

 

そんなJF糸島内にあるごはん処で、海鮮丼を頂くわけですが、1日の営業時間が11時から14時の3時間のみ。売り切れる日も多いらしく、休日は行列必至なんだとか。

この日は平日の昼前ともあって座席には座れるほどの余裕はありました。観光客というよりも、地元の方が食べに来ている様子。

 

JF糸島『志摩の四季』

 
海鮮丼のネタはその日の漁で仕入れた新鮮な魚が頂けます。今日のネタは、ヒラス、イサキの炙り、スズキ、カンパチの子、マダコorアオリイカ。お米や醤油の商品名も書いてあって食欲がそそられます。早く食べたい…!

 

JF糸島『志摩の四季』

 

地物・天然物の糸島産にこだわる徹底ぶり。そのため糸島周辺では穫れないサーモンやイクラは絶対にのらないと公言しています(笑)。丼は小の650円〜。あら汁が100円からお代わりできるのも魅力的。

 

JF糸島『志摩の四季』海鮮丼メニュー

 

ちなみに糸島は、5月の真鯛漁獲量が日本一を誇ります。シーズン中は糸島の真鯛フェアが開催されたりもするみたいです。鯛づくしの丼。食べてみたい。。。

 

究極の糸島海鮮丼を食す

 
注文してから5分ほどで出来上がりました!。こちらが糸島海鮮丼の小サイズ。お新香とアラ汁がついています。

 

JF糸島『志摩の四季』海鮮丼

 
そしてこちらが中サイズ。入っているネタは一緒ですが、ネタの枚数とご飯の量が違いますね。ウマそう!
 

JF糸島『志摩の四季』海鮮丼

 

美味しい食べ方は、四角い醤油皿に醤油を垂らして、ワサビを溶かしてそれをかけて食べるみたい。
 

JF糸島『志摩の四季』海鮮丼

 
ここのワサビは利くそうですが、確かに一般的な緑の練りワサビと違ってツーンとくる!
 

海鮮丼のワサビ

 

半分ほど溶かした具合が丁度いいぐらいでした。ミツル醤油専用の甘醤油は、パンチとコクのある甘い醤油。ワサビの辛さと相まっていい感じに仕上がります。
 

海鮮丼のワサビ

 

そして、なんて透き通った白身なんでしょう。どのネタも臭みが一切なく、しかもぷりっぷりで歯ごたえ抜群。こ、これが糸島産鮮魚。恐るべし。
 

JF糸島『志摩の四季』海鮮丼

 

なんといってもアラ汁が最高に美味かった…!。元々アラ汁が大好きな僕ですが、このアラ汁は一年中飲んでも飽きないだろうなぁと思える旨さでした。いやーあっぱれ。
 

JF糸島『志摩の四季』アラ汁

 

JF糸島『志摩の四季』
http://www.shimanoshiki.jp/

 

 

管理人
ひとこと
物産直売所は、その地域の特産物が見れるので、観光スポットとしてもありなんじゃないかと思ったり。

 

合わせてこちらもどうぞ:

 


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「福岡」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
糸島市二見ヶ浦の夫婦岩

夕日の名所!海の大鳥居と夫婦岩に絶景の予感しかしない二見ヶ浦

夫婦岩って知っていますか?。めおといわやふうふいわと呼ばれ、岩が2つ以上並んでいる場所はそう名付けられていることが多いそうです。福岡県の糸島市にある夫婦岩は、「日本の夕陽100選」に入っている観光スポ…

記事を読む

吉塚うなぎ屋-本店

創業100年以上。極上の鰻が堪能できる福岡中洲の『吉塚うなぎ屋 本店』

創業は明治6年(1873年)。あのタモリさんがおすすめするうなぎ屋さんとして噂されているお店です。3,000円近い値段がするうな重(上)とうな重(特)を食べてきました。そのお味とは?…

記事を読む

ザ・プレミアム・モルツ フェスト

1杯200円!福岡博多駅で開催のプレモル史上最大の祭典に行ってきた!

「ザ・プレミアム・モルツ フェスト」は、プレモルの美味しさを知ってもらうことを目的とした「ザ・プレミアム・モルツ」史上最大の祭典。5月1日(金)より全国10都市で開催しています。今回は旅行中に、福岡の…

記事を読む

starbucks

伝統と現代の融合。圧巻の木組みが話題のスターバックス『太宰府天満宮表参道店』

福岡の太宰府天満宮の表参道にある全国有数のコンセプトストア。建築家の隈研吾氏により「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトをもとに設計されたそうです。"木組み"という伝統的な技術を駆使し、釘…

記事を読む

JR博多シティ-つばめの杜ひろば.jpg

駅の最上階に和の空間。外国人が喜びそうな博多駅の隠れスポット。

2011年にリニューアルして4年が経過する、博多駅の「JR博多シティ」。中は巨大で1日中周っても足りないくらい。そんなJR博多シティの屋上に、「鉄道神社」と呼ばれる憩いのスペースがあるのをご存知ですか…

記事を読む

キナフク

水分は生クリームのみ。糸島産の素材にこだわるスコーン専門店『キナフク』

糸島市前原東にちょこんとあるスコーン屋「キナフク」。通常スコーンというのは、水や牛乳、卵などを使用するのですが、キナフクのスコーンは、生クリームの水分のみで作られていること。それによってしっとりした食…

記事を読む

福岡モツ鍋「一藤」

福岡の中心地で美味いもつ鍋!高級感ある雰囲気がおすすめの専門店『一藤』

福岡の中心地、天神西通りに入ってすぐのところにあるもつ鍋専門店『一藤』。上馬刺しなど一品物のレベルも高いですが、やはりもつ鍋も間違いなし。和テイストで高級感ある造りが特徴。デートにも観光にもおすすめの…

記事を読む

太宰府天満宮の絵馬の掛所

半日ふらっと散歩。市内から1時間で行ける『太宰府天満宮』

福岡市内から片道1時間もかからない場所にある、学問の聖地『太宰府天満宮』。バスや電車でサクッと行ける距離にあります。市内からのアクセス方法や、太宰府天満宮の中の様子を紹介します。…

記事を読む

直売所『伊都菜彩』

新鮮な搾りたてソフトクリーム!メイドイン糸島を扱う直売所『伊都菜彩』

糸島で育った農作物や加工品などの食材を中心に取り扱う直売所『伊都菜彩(いとさいさい)』。新鮮で美味しい(に違いない)食材が、普通のスーパーよりも安くで売っているんです。味も価格も上回る直売所、利用しな…

記事を読む

キャンベル・アーリーのバナナセット.jpg

女性に大人気!博多駅にあるフルーツメインのパンケーキ専門店『キャンベル・アーリー 』

JR博多シティ9階のフードコート「くうてん」にあるキャンベル・アーリー。たくさんのお店がひしめく中、ここは行列ができるほどの人気店なのです。その日に使う分しか仕込まれない生地と、全て手作りのソースとキ…

記事を読む

ad

かりゆしミリオンファンタジー
【画像】140万球のイルミネーションが無料!恩納村の「かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」

沖縄の3大イルミネーションの1つ、かりゆしビーチリゾートの「ミリオンフ…

ブルーシール
【画像】ずっと見ていたい。ブルーシール牧港本店のイルミネーション

11月1日に点灯式が開催されイルミネーションで彩られるブルーシール牧港…

沖縄観光先読みカレンダーPRO
海外観光客の動きがわかる?「沖縄観光先読みカレンダーPRO」2017年版

外国人観光客の動向を先読みする目的で千部限定1部500円で販売している…

桑っちーグランプリ&スイーツフェア
浦添特産といえば島桑。地元が集う『第5回桑っちーグランプリ&スイーツフェア』

浦添市で毎年開催している島桑イベント。そもそもなぜ桑なのかというと、浦…

沖縄大百科事典
「ン」で始まる言葉も⁉︎ 沖縄を詳細に記した最初で最後の『沖縄大百科事典』とは?

沖縄タイムス社が創刊35周年を記念し1983年に発行した百科事典。上中…

那覇大綱挽
世界最大級の全長200㍍! 第46回『那覇大綱挽まつり』2016の熱気を感じてきた!

今年で46回目となる「那覇大綱挽(ひき)まつり」。全長200メートル、…

meetuplogo2_resize
沖縄ブロガーミートアップvol.2開催します!

10月16日に沖縄ブロガーミートアップvol.2を開催することになりま…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ