逆さ吊りも可能。頑丈・小型・携帯性に優れたManfrotto の旅行用三脚『Befree』

: 2016/03/08 : 7 カメラ・写真


 

三脚に求めるものは…

 

ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。

これまで使っていた三脚はデジカメ用だったこともあり、僕のCanon一眼EOS70Dをセッティングすると、重さに耐えられないことがわかりました。オーマイガー…。

イメージしている写真を撮ろうにも、機材周りがしっかりしていないことで撮影することができないので、さすがにこれはマズイ。ということで、新たに三脚を購入することにしました。

僕の用途から考えると、三脚に求めるのは以下の3つ。

・コンパクトで携帯性が重要。軽さは二の次。
・撮影の幅を利かせるため、自由度が高い。
・一眼に重さに耐えられる頑丈さと高級感。

 

ある程度重量感がないと、耐荷重にも不安があるなと思ったので、軽さよりも頑丈さ、そして何よりも、いつでも持ち歩いてすぐ出せる携帯性を優先することにしました。

 

購入にあたり参考にしたサイト

量販店で実物を触ったり、使用レビューを検索したりして、自分に合いそうな三脚を探していると、同じような悩みを抱えている人ってけっこういるんですね。いろいろと勉強になります。以下の2つのサイトを見てビビッときたので、こちらに掲載されている三脚、Manfrotto の『Befree』を購入することにしました!

 


 

「Befree」って直訳すると「自由になれ」って意味なのでちょっとカッコイイ…。

 

プロカメラマンが選ぶ!世界一周に持っていくべきカメラグッズ11選 | TABIPPOプロカメラマンが選ぶ!世界一周に持っていくべきカメラグッズ11選 | TABIPPO

今年の6月に世界一周の旅から帰ってきたわけですが、出発前に一番悩んだのがカメラとその周辺機材。


 

カメラのアクセサリーで一番だいじなのはやっぱり三脚だったという話 : 超音速備忘録カメラのアクセサリーで一番だいじなのはやっぱり三脚だったという話 : 超音速備忘録

三脚はカメラの台です。カメラの重みにも強い風にも耐えなければ三脚とは言えない。


 

スポンサーリンク

 

『Befree』の使用感を確かめてみる会

 

Amazonで購入したBefreeですが、なんと、人気があって在庫がなくなったため、3週間待ってようやく届きました…! ちなみに、ついでにレリーズ(シャッターを遠隔で操作するボタン)も購入しちゃいましたw

 

Manfrotto Befreeの三脚

 

こちらが箱の外観。色はブラック、グレー、ブルー、グリーン、レッドの5色ありますが、高級感を出したかったのでブラックを選びました。一応ちょっとしたパーツなどは赤色になっています。

 

Manfrotto Befreeの箱

 

箱には、三脚本体とケース、クイックシュー(カメラと雲台の仲介役)と説明書が入った袋が入っています。

 

Manfrotto Befree開封

 

三脚は、折りたたまれた状態では、開脚部分が反対側になっています。なので、使用する際は脚を180°回して立てます。左が折りたたまれた状態から少し開いた写真で、右が脚を上げて反対にして立てた状態になります。

 

Manfrotto Befreeの三脚

 

脚のレバーロック部分は3段階に調節可能で、全伸すると144cmになります。付属されている6角レンチを使えばホールド感も調整できます。

 

Manfrotto Befreeの三脚のレバーロック

 

脚先はゴム。脚はそれぞれ独立しているので、自由に角度調整ができます。ただ水平器がないので、合わせるときはカメラ内臓の水平器を使うといいでしょうね。

 

Manfrotto Befreeの三脚の足先

 

雲台にカメラを取り付けるときは、右にあるセーフティーボタン(親指のところ)を下に押し下げながら、レバーを開きます。外すときも同じ。

 

Manfrotto Befreeの三脚のクイックシュー

 

取り付けるとこのようになります。見た感じのホールド具合は少し心配ですが、動かしても全然大丈夫でした。ただ、カチャッとかいう音がないので、ほんとに取り付けられたのが心配になります。

 

Manfrotto Befreeの三脚のクイックシュー

 

そして雲台は、求めていたボール状の自由雲台。自分の思い通りに角度を調整することができます。レバーはプラスチック製。しっかり閉めればしっかりホールドしています。写真を見るとお気づきになるかと思いますが、ボールのところに一部へこんでいる部分があります。

 

Manfrotto Befreeの三脚の雲台

 

これは、三脚を片付けるときに収納できるようになっていますが、このように縦の構図で写真を撮ることもできます。

 

Manfrotto Befreeの三脚の雲台

 

極めつけはこちら。センターポールは下部にあるゴムキャップを外すとこのように取り外すことができます。このセンターポールを逆さにして取り付ければ…

 

Manfrotto Befreeの三脚のセンターポール

 

このようにカメラを逆さ吊りにして、かなりローアングルから、ダイナミックな写真を撮ることができます。わぉ! 天体撮影にも使えそう! バリアングルのライブビューがついている一眼であれば、構図も確認しながらできるので便利ですね!

 

Manfrotto Befreeの三脚を反転

 

脚の根本についている灰色のレバーを動かして、開脚角度を3段階に調節することができます。

 

Manfrotto Befreeの三脚の脚調節

 

最初、レバーは左側になっていて、レバー部分が三脚の中心と干渉しないようになっています。自由に角度調整ができて、折りたたむときもこちらの状態で使用します。

 

Manfrotto Befreeの三脚の脚調節

 

真ん中にレバーを動かすと、灰色の部分がちょこんと上に出てきてます。三脚の中心部分に接触して、これ以上開かないようになるんですね。なるほど!

 

Manfrotto Befreeの三脚の脚調節

 

レバーを一番右に動かせば、脚をもっと開脚させて固定できます。ローアングルで撮影したいときに便利ですね。最低高は34cmなので、縮長した40cmよりも少し低くすることができます。

 

Manfrotto Befreeの三脚の脚調節

 

一番高く伸ばしてカメラを覗くと、ファインダーが目線より若干高い位置にあります(身長170cmぐらいあればちょうどいいぐらい?)。ここってけっこう重要なポイントで、写真を撮るときって、はじめ自分の目線の高さでみた構図でイメージしますよね? 「おっ、ここの位置綺麗に写りそう」と思っても、三脚を自分の目線の高さでセットできないと、撮りたいのも撮れないんです。

目高(目線と同じ高さ)で写真を撮ることができるのは重要なので、140cm~150cmあればカメラを乗せたときにちょうど良い高さになります。三脚を買うときにこれは最低限ほしいポイントでもあります。さすが、Befreeはこれをクリアしていますね。

 

Manfrotto Befreeの三脚の長さ

 

前使っていた三脚は…?

ちなみに前使っていた三脚はものすごく軽くて便利なのですが、さすがに一眼には使えないので、外部ストロボ用の三脚へと生まれ変わりました!

これは意外と便利! しかもなんか本格的っぽいので、宅撮が捗りそうです…w

 

過去の三脚は外部ストロボ用へ

 

気になるお値段ですが、2万円台前半とそこそこのお値段。三脚もピンきりあって、上を見ればキリがないので、ちょっと本格的なコンパクト三脚が欲しいなら全然ありだと思います。ちなみにAmazonでは、日によっては1万円台前半で買うこともできるので、毎日チェックしてみるといいかもしれません!

 

 

Befreeのプロモーション動画もあるので参考までに↓

 

 

manfrotto Befreeシリーズ
http://www.manfrotto.jp/befree

 

 

管理人
ひとこと

とりあえず夜景を撮りたい!

 

合わせてこちらもどうぞ:

—Canon EOS70Dのネタが満載!—
EOS70Dの記事へ


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「カメラ・写真」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
那覇奥武山『カメラのたかちよ』

年代物レンズがいっぱい!那覇にひっそりとあるアナログカメラ専門店


沖縄県那覇市で、これまた通いたくなるお店を発見しました。カメラに興味がある人、カメラの表現の幅を広げたい人におすすめする、少し変わったカメラ専門店です!…

記事を読む

Canonキャッシュバックキャンペーン

【EOS70D】Canonキャッシュバックキャンペーンで応募した流れ

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 応募者全員に現金が戻ってくるお得なキャッシュバックキャンペーン。応募締め切りは1月下旬ですが、購入期限は1月中旬がほとんど!…

記事を読む

2014-0213.4 copy

背景が明るすぎてiPhoneカメラで綺麗に写真が撮れないときの対処法

    綺麗な風景が広がっているからいざiPhoneカメラでパシャリ。 帰って撮った写真を見てみたらよくある次の残念なパターン。 手前の被写体と背景の明る…

記事を読む

eos70d ダブルズームキット

一眼「EOS 70D ダブルズームキット」が届いたから今日は開封記念日

  お見苦しい開封の儀にお付き合いください   ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 注文したCanon EOS 70D ダブルズームキットが届きました! …

記事を読む

eos70d ダブルズームキット 本体とレンズ

これぞ一眼に求めていたもの。1ヶ月間使用してわかったEOS70Dの良いところ

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 CanonのEOS70Dダブルズームキットを購入してはや1ヶ月が経過しました。   Canon デジタル一…

記事を読む

フォトヨドバシ

ズームor単焦点どっち?一眼のレンズ選びに迷ったら見たい初心者おすすめのサイト『フォトヨドバシ』

一眼レフカメラのレンズが欲しい。でも何が良いのかわからない。単焦点?焦点距離?そんな初・中級者向けにおすすめのサイトが「フォトヨドバシ」。大きい作例にシンプルなつくり。レンズ種類別、焦点距離ごとにひと…

記事を読む

500px

同じカメラとは思えない!撮影を上達させたいなら参考になるサイト『500px』

500pxは写真に興味がある人や、写真撮影をレベルアップさせたい人におすすめのオンライン写真コミュニティ。ものによっては撮った機材や焦点距離、F値にシャッタースピードなど詳細も記載されているので、すご…

記事を読む

500pxの沖縄の写真

これがOKINAWAだ!世界の写真家たちがとらえた沖縄の自然写真まとめ

世界中の写真家がハイクオリティーな写真を投稿する、オンライン写真コミュニティサイトの500px。この中に投稿された、沖縄の自然写真の数々を紹介します。あなたの見たことない沖縄の表情が、ここにある。…

記事を読む

Photo Sphere アプリ

アプリPhoto Sphereで沖縄の360°風景を堪能してみた

  Photo Sphereってなに?   スマートフォンで360度のパノラマ写真を撮影できるGoogle発のカメラ&写真共有アプリ「Photo Sphere」。…

記事を読む

iPhoneアプリを使わずにフラッシュライトを点灯する方法

豆知識!iPhoneのロック画面からフラッシュライトを点灯する方法

  暗いところでiPhoneのライトを使って懐中電灯代わりに使うことってよくありますよね? 懐中電灯の無料アプリはたくさんあるので不便はしませんが、実は初期アプリからフラッシュラ…

記事を読む

ad

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)
こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Sub…

2016年買ってよかったものまとめ
カメラ機材とおつまみ。2016年買ってよかったものまとめ

振り返りの季節。2016年は、物はそんなに買っていないものの、一眼レフ…

くもじイルミネーション
【画像】都会にも冬の訪れ。那覇パレットくもじのイルミネーション

パレットくもじから国道58号線の久茂地交差点周辺を、約5万の電飾で彩る…

2016-1220.12.jpg
浜比嘉島に行く理由をみーつけた。鍋やBBQもできるおしゃれなホテル「トリップショットヴィラズ・ハマヒガ」

神聖な場所としてのイメージが強い浜比嘉島。今年の8月、ここにプライベー…

かりゆしミリオンファンタジー
【画像】140万球のイルミネーションが無料!恩納村の「かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」

沖縄の3大イルミネーションの1つ、かりゆしビーチリゾートの「ミリオンフ…

ブルーシール
【画像】ずっと見ていたい。ブルーシール牧港本店のイルミネーション

11月1日に点灯式が開催されイルミネーションで彩られるブルーシール牧港…

沖縄観光先読みカレンダーPRO
海外観光客の動きがわかる?「沖縄観光先読みカレンダーPRO」2017年版

外国人観光客の動向を先読みする目的で千部限定1部500円で販売している…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ