ニューヨーク名物の肉盛りサンド!創業1888年のカッツ・デリカテッセン

: 2016/03/06 : 6 グルメ

 

 

ピザやハンバーガーのジャンクフードが美味しいNew York。

ニューヨーク市民の舌が肥えていることは、レベルの高い飲食店がひしめき合うからこそわかります。

 

ニューヨーク Eataly イータリー

 

ただ、他と一線を画すサンドイッチを提供していて、100年以上愛されるレストランとなると話は別。

 

今回はそんな老舗のレストラン『Katz’s Delicatessen (カッツ・デリカテッセン)』の話です。

 

スポンサーリンク

 

老舗飲食店 カッツ・デリカテッセン

 

カッツ・デリカテッセンは今年で創立127年目を迎える老舗レストラン。

 

1888年創業の、ベッサラビアとルーマニアからの東欧ユダヤ系移民によって19世紀後半にアメリカ合衆国にもたらされたパストラミなどのコーシャーのユダヤ料理を売る、ニューヨークで最も古いデリカテッセン。

——Wikipedia

 

ドイツ語でデリカテッセンとは「サンドイッチや持ち帰り用の西洋風惣菜を売る飲食店」のこと。デリカやデリと略されるので、ニューヨークでよくいうデリとはこの略だったんですね。

デリバリーの一種かと思っていました…。

 

アメリカでは、19世紀にヨーロッパからの移民によってニューヨークなどで多くのデリカテッセンがオープンしたたそうですが、カッツもそのうちの1つ。

 

ニューヨーク  カッツ・デリカテッセン

 

夜になるとカッツのどこか昔懐かしいネオンの光が出迎えてくれます。
最寄り駅はオレンジ色のF線の駅「2Ave.」。
 

ニューヨーク  カッツ・デリカテッセン

 

中に入るとほぼ満席状態!
数多くのガイドブックに紹介されているので、地元民以上に観光客がいる気がします。

 

ニューヨーク  カッツ・デリカテッセン

 

カッツの注文方法はちょっと特殊

 

まず入口に入ってわたされるのがこちら。
整理券のようなもので、1人1枚受け取って注文の記録もこれでします。

このチケットを紛失すると会計の際に50ドルの罰金を科せられるそうなので注意。

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

注文はカウンターでするセルフサービス方式。

カウンターには種類があって、手前からホットドック・スープ類、サンドウィッチ、ドリンクとフライ(あとウエイターサービス専用)のカウンターがあります。

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

中の人はいかついお兄さんばかりでちょっと怖いですがご安心を。

威勢よく注文をとってくれ、試食をくれたりする優しい人たちです。

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

店員さんが着ているTシャツは「Send a salami to your boy in the Army」と書かれていますがこれはカッツのスローガンでもあるフレーズ。

第2次世界大戦中に、カッツができることといえば食べ物を届けること。
軍として遠くにいる子供達に届けようというスローガンのもと、多くの兵士のごちそうとなって活躍しました。この言葉が今でも受け継がれているんですね。
うーん、深い。

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

そしてカッツの名物といえばPastrami Sandwiches (パストラミ・サンドイッチ)。

人気の伝統の味は、10年ほど前までは$10ちょっとで食べれたそうなのですが、今ではと随分値上がりしていて$18.45。

サンドイッチで2,000円近くとは…なかなか良い値段。

お会計は食べた後。チケットをカウンター奥の会計人に渡して精算。
キャッシュオンリーと聞いていましたが、クレジットカード使えました。

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

 

パストラミは究極の薫製肉!?

注文したパストラミがこちら。

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

食べやすいように半分に切られたサンドイッチに、崩れそうな薫製肉が顔を出しています。

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

こっちはピクルスときゅうり。
アメリカのキュウリは日本のものと違って固くてデカいんですよね。
歯ごたえは十分。

肉の味をさっぱりして切り替えるのにもってこいです。量は多いですが…(笑)

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

切った断面が美しいこと。

このパストラミサンド、何が凄いかっていうとやはりこの薫製肉。
繊維がボロボロになるぐらいまで薫製されているのか、噛むと口の中で肉が繊維となってわかれます。

こんな薫製肉は初体験。
牛肉ってこんな味になれるんだと新鮮な気持になりました。

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

味はいたってシンプルで肉と塩の味しかしません。
しかしその肉の主張がすごいすごい。

途中、テーブルにおいてあるケチャップやマスタードで味の変化も楽しめますが、肉の主張に負けてしまいます。

なかなかできない経験ですが、これが$20近くだとちょっと高いかも…。

1度はいいですがサンドは厳しい。←

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

店内の壁にはたくさんの来店した有名人の写真がズラリ。
映画『恋人たちの予感』の舞台ともあって、訪れる人が後を絶えないんでしょうね。

 

ニューヨーク カッツ・デリカテッセン

 

 

オンラインショップもあった!

 

カッツは米国内配送や、軍への配送、近場へのデリバリーをやっているそうです。

でも確かに昔からやっていただけあってそこは当たり前のことなんでしょうね。

 

ニューヨーク  カッツ・デリカテッセン

 

あの受付でもらえるチケットもGift Card (ギフトカード)として購入できます。
1枚$25って…。
 
でも違反して$50払うよりはたしかに安い(笑)
 

ニューヨーク  カッツ・デリカテッセン

 

 

 

いろいろお値段は張りますが、いまや観光地としては外せない場所。

お肉大好き、有名店に行きたい!という人にはいいかもしれません。

 

ニューヨーク  カッツ・デリカテッセン

 

 

管理人
ひとこと

1度はいいけど3度はなぁ…。←

 

 

Katz’s Delicatessen (カッツ・デリカテッセン)
http://katzsdelicatessen.com/

@205 E Houston St, New York, NY 10002

 

合わせてこちらもどうぞ:

—ニューヨーク関連記事が満載!—
Newyork記事一覧へ

 


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「グルメ」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
ニューヨーク 話題のシーフードレストラン ブルックリン・クラブ

新鮮な蟹を食べに行こう!ニューヨーク話題のシーフードレストラン『ブルックリン・クラブ』

IKEA (イケア)が建設されてから活気を浴び始めたレッド・フック地区に変わり種のシーフードレストランがあります。Brooklyn Crab (ブルックリン・クラブ)と呼ばれるそのレストランは、カニや…

記事を読む

ジャックス・トレース・チョコレート (Jacques Torres Chocolate) Amsterdam

ニューヨークで女性向けオススメのチョコ土産!『ジャックス・トレース・チョコレート』

NYで再開発が進んでいるお洒落な街DUMBO(ダンボ)。観光客や家族連れで賑わう同地区に、ひっそりと人気があるチョコレート店があります。その名はJacques Torres Chocolate。美味し…

記事を読む

Starbucks Teavana

スタバのお茶専門店!ニューヨークの第1号店に行ってみた。

大手コーヒーチェーンのStarbucks (スターバックス) といえば、もちろんコーヒーが有名ですが、実は最近お茶の専門店を始めたのを知ってますか?あんまりそんなイメージがないと思いますが、ニューヨー…

記事を読む

ニューヨーク La Colombe ラ・コロンブ コーヒー

サードウェーブ系カフェの本命!?ニューヨークで大人気のコーヒー店『La Colombe』

    シアトル発祥のスターバックスコーヒー(スタバ)が誕生した1970年代。 良質なコーヒーが安価で楽しめるとあって、コーヒー界に大きな流れ(セカンドウェーブ)を引…

記事を読む

ニューヨーク ルーフトップバー 230 Fifth

夜景に摩天楼が望めるNY絶景ルーフトップバー『230 Fifth』

    ニューヨーク、夜の観光の醍醐味といえばなんといっても夜景。 高層ビルのエンパイア・ステートビルやロックフェラーセンターでは、展望台があり有名な観光スポット…

記事を読む

ニューヨーク ブルックリン ダンボ west elm MARKET

有名コーヒー店と提携!NYダンボのお洒落なキッチン雑貨ショップ

    ニューヨークのブルックリン地区にあるダンボは再開発が進んでいて急速に発展している場所。お洒落な雑貨店やレストランが急増しています。   …

記事を読む

ニューヨーク ユニオンスクエア グリーンマーケット

ニューヨーク最大規模のオーガニック市『グリーンマーケット』

    よく耳にするOrganic (オーガニック)ですが、オーガニックの意味を知っていますか?   オーガニックとは有機栽培の意味。 化学物質…

記事を読む

Shake Shack (シェイクシャック)

ニューヨークで行列必須の超人気ハンバーガーショップ『シェイクシャック』

2004年の7月にアメリカでオープンし、たちまち大行列ができる超人気店に成長したシェイクシャック。ニューヨークの中心地にある同店に行ってきました!…

記事を読む

ニューヨーク M&M’s エムアンドエムズ

チョコで有名なM&M’sのニューヨーク旗艦店でオリジナル土産をプレゼント!

M&M’s (エムアンドエムズ)といえばアメリカの人気チョコレートブランドの1つ。白文字で「m」の刻印がされたチョコは世界中で愛されています。そんなM&M’sには、全てエムアンドエムズの商品でうめつく…

記事を読む

Clinton St. Baking Company (クリントンストリート・ベイキング・カンパニー)

パンケーキだけじゃない!NYのNo.1パンケーキ屋は行列ができる定番観光スポット!

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。   日本のガイドブックのも多々取り上げられ、今やニューヨークに訪れる日本人の後が絶たないClinton St…

記事を読む

ad

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)
こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Sub…

2016年買ってよかったものまとめ
カメラ機材とおつまみ。2016年買ってよかったものまとめ

振り返りの季節。2016年は、物はそんなに買っていないものの、一眼レフ…

くもじイルミネーション
【画像】都会にも冬の訪れ。那覇パレットくもじのイルミネーション

パレットくもじから国道58号線の久茂地交差点周辺を、約5万の電飾で彩る…

2016-1220.12.jpg
浜比嘉島に行く理由をみーつけた。鍋やBBQもできるおしゃれなホテル「トリップショットヴィラズ・ハマヒガ」

神聖な場所としてのイメージが強い浜比嘉島。今年の8月、ここにプライベー…

かりゆしミリオンファンタジー
【画像】140万球のイルミネーションが無料!恩納村の「かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」

沖縄の3大イルミネーションの1つ、かりゆしビーチリゾートの「ミリオンフ…

ブルーシール
【画像】ずっと見ていたい。ブルーシール牧港本店のイルミネーション

11月1日に点灯式が開催されイルミネーションで彩られるブルーシール牧港…

沖縄観光先読みカレンダーPRO
海外観光客の動きがわかる?「沖縄観光先読みカレンダーPRO」2017年版

外国人観光客の動向を先読みする目的で千部限定1部500円で販売している…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ