2014年クロナッツ最新情報!2時間待ちの人気店。他の人気スイーツは?

: 2016/03/06 : 7 グルメ

 

ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。

ニューヨークで話題のスイーツといえばクロナッツ。

誰しもが聞いたことあるこのスイーツは、日本でも類似商品が販売されているほど大人気の商品。

 

Dominique Ansel Bakery Website

 

そんなクロナッツの生み原点である、ニューヨークのDominique Ansel Bakery (ドミニク・アンセル・ベーカリー)に行ってきました!

 

スポンサーリンク

 

クロナッツとは?

 

クロナッツ=クロワッサン+ドーナツ

クロワッサンとドーナツをくっつけた造語で、今やニューヨークを代表するスイーツとなっています。

 

クロナッツの断面
Photo by manrepeller

 

1日の販売個数は200個限定。
1個$5で1人2個までしか購入できません。

 

人気商品の開発者

クロナッツの生みの親はドミニク・アンセル氏。

 

ドミニク・アンセル氏

 

ミシュラン3つ星を獲得したことがあるニューヨークのレストラン『Daniel (ダニエル)』のシェフを7年勤めていたんだとか。
2009年には業界誌「Dessert Professional Magazine (デザート・プロフェッショナル・マガジン)」で全米トップベストシェフ10人にも選ばれるほどの実力の持ち主。

 

2011年11月に開業して以来、未だに完売する状態が連日続く恐ろしいお店です。沖縄じゃああり得ない…。

 

 

お店の場所

ドミニク・アンセル・ベーカリーは洋服などのショッピングを楽しめるお洒落な地区、SOHO (ソーホー)にあります。

最寄りの駅は青いラインのC,E線Spring St。
黄色のN,Q線のPrince Stがあります。
 

 

 

いざ潜入!購入レポート

 

お店は平日朝8時オープンで、開店当初は2時間以上待たないと手に入れることができないということでした。

念のため朝6時45分ごろに到着。

3年目を迎えた今、どれぐらいの行列ができているのか確認してみます。

 

ドミニク・アンセル・ベーカリーの外観

 

あれ?開店1時間以上前にきているにも関わらずこの行列。

 

開店1時間前の行列

 

お店から少し離れたところに先頭があり、道の角を曲がっても20mほど行列があります。この時点で既に100人ほど。

 

開店1時間前の行列

 

待ち時間は?

開店1時間15分前に到着して買うことはできたのですが、僕の5組ほど後ろの人に店員さんが「買える保証はないよ」と告げていました。

日にもよるかと思いますが、開店1時間前の7時まで並んでいたらギリギリ買えると思います。先頭の人は6時前には並んでいるはず…。

並んでから購入までは2時間ほどかかります。(2014年7月現在)

 

 

8時にオープンしてからも、お店自体は狭いので少しかかります。ようやく中に入れたとしてもレジに列ができています。

 

ドミニク・アンセル・ベーカリー店内の行列

 

店員さんは大忙し。朝早くからご苦労様です。

 

ドミニク・アンセル・ベーカリー店員

 

何かとクロナッツで話題ですが、朝食やコーヒー、ドーナツ以外のお菓子など普通のカフェのような品揃え。

 

クロナッツ店のメニュー表

 

本格的なランチメニューもあります。

 

メニュー表

 

TwitterFacebook、Instagramもやっているようです。ニューヨークのお店はけっこう当たり前の光景。

 

店内の看板

 

お店は狭く、列だけで埋まってしまう状態。15分ほど待ちます。

 

ベーカリーの大行列

 

後ろの列からは厨房の様子が見えます。

 

ドミニク・アンセル・ベーカリー店内の様子

 

食事場所は結構広いのでご安心を。お店の奥がわにひらけた屋根付きのスペース。

 

ドミニク・アンセル・ベーカリー店内の様子

 

その横には屋外のテラス席があります。こちらはテーブル10台ほど。

 

ドミニク・アンセル・ベーカリーテラス席

 

お店にダイソンの扇風機が2台ありました。1台はお客さん用、1台は従業員用。

 

ダイソンの扇風機

 

現在のメニューにもなっている「Dominique’s Kouign Amann」の大きなポスター。

 

クロナッツのポスター

 

話題の新商品のFrozen S’mores (フローズン・スモアーズ)。

焼きマシュマロの中にバニラ・カスタード・アイスクリームが入っているそうな。
1個$7もしますが、ためらわず早速注文。

 

フローズン・スモアーズのポスター

 

ついつい撮ったショットは店員さんの怖い顔でした。
一生懸命作っているのが伝わりそうなのでアップ(笑)

 

ドミニク・アンセル・ベーカリー店員

 

スイーツが全部美味しそう…。

 

陳列されたスイーツ

 

季節ごとにメニューはどんどん変化していくので、食べたいと思った時に食べないと次来たときはもうないかも…?

 

陳列されたスイーツ

 

クロナッツはというと既にパック済み。お店ではレジの列にならんで購入するだけです。

 

パックされたクロナッツ

 

パッケージもお洒落で可愛いこと。商品が崩れないように下側にテープで止めています。

 

パックされるクロナッツ

 

 

人気スイーツの味は?

 

注文したのは5種類7品とコーヒー。これだけ頼むとさすがに$50近くします…。

 

頼んだ商品

 

まずはParis-NY (パリス・ニューヨーク)。

ピーナッバターとキャラメルでコーディング。上にはピーナッツが沿えられたお洒落なスイーツ。
甘すぎるのが苦手な僕ですが、これはけっこういけました。

ピーナッツの風味が病みつきになりそう。

 

クロナッツのパリス・ニューヨーク

 

手前がCanele de Bordeaux (カヌレ・ド・ボルドー)。
奥がDominique’s Kouign Amann (ドミニクズ・クイニーアマン)。

どちらもフランス生まれのスイーツです。

 

ドミニク・アンセル・ベーカリーのスイーツ

 

チョコが濃厚でしつこくないカヌレ。こちらはもともと焼き菓子ですが、揚げられたような食感。外はサクサクなのに中はしっとりつまっていて美味しい!個人的には1番おすすめの商品。

奥のクイニーアマンのサクサク具合は一級品です。

 

Canele de Bordeaux

 

こちらが噂のクロナッツ。定期的に味は変わるようで、この時期はラズベリークリーム。

 

クロナッツラズベリークリーム

 

中にもラズベリージャムとクリームがしっとり入っていて爽やかな味わい。やはり食感で楽しませてくれます。後味はクロワッサンそのもの。

 

クロナッツラズベリークリーム

 

噂の新商品Frozen S’mores (フローズン・スモアーズ)。焦げた焼きキャラメルの香ばしい香りが漂います。

 

フローズン・スモアーズ

 

ただでさえしっとりと柔らかいマシュマロに、更にバニラ・カスタード・アイスクリームがトロリと混ぜ合わさってなんともいえない味わい!

この食感。試してみないと損です。

 

フローズン・スモアーズ

 

 

あとがき

 

今回2人でいきましたが、朝早いだけにクロナッツ1つだけでもけっこうお腹いっぱいになります。あと、コーヒーを頼まないと口の中が甘さで大変なことに。

3年目の今でも、並んでから食べられるまで2時間近くかかるのはさすが世界の人気店。

ニューヨークにきたら是非とも行ってほしいお店です。

 

Dominique Ansel Bakery
http://dominiqueansel.com/

 

合わせてこちらもどうぞ:

—ニューヨーク関連記事が満載!—
Newyork記事一覧へ

 

 


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「グルメ」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
ニューヨークのシュークリーム屋「Beard Papa's」 ロゴ

アメリカでは珍しい?日本からNYに上陸したシュークリーム店『Beard Papa’s』

  高級住宅街にある小さなシュークリーム店   ニューヨークアップタウンのアッパー・ウェストを歩いているとシュークリーム屋さんを発見。   …

記事を読む

Starbucks Teavana

スタバのお茶専門店!ニューヨークの第1号店に行ってみた。

大手コーヒーチェーンのStarbucks (スターバックス) といえば、もちろんコーヒーが有名ですが、実は最近お茶の専門店を始めたのを知ってますか?あんまりそんなイメージがないと思いますが、ニューヨー…

記事を読む

ニューヨーク La Colombe ラ・コロンブ コーヒー

サードウェーブ系カフェの本命!?ニューヨークで大人気のコーヒー店『La Colombe』

    シアトル発祥のスターバックスコーヒー(スタバ)が誕生した1970年代。 良質なコーヒーが安価で楽しめるとあって、コーヒー界に大きな流れ(セカンドウェーブ)を引…

記事を読む

ニューヨーク フラッシング 南翔小籠包

ニューヨークのチャイナタウンで行列ができる『南翔小籠包』に行ってみた。

New Yorkで有名な小籠包屋さんといえばJOE'S SHANGHAI (ジョーズ・シャンハイ)。 そのジョーズ・シャンハイに負けず劣らず、もしかしたら勝るともいわれている小籠包屋さんがクイー…

記事を読む

Blue Bottle Coffee (ブルー・ボトル・コーヒー) ニューヨーク コーヒー

NYで話題のコーヒー界のアップル『ブルーボトルコーヒー』そのお味は?

チェーンのコーヒーショップの中で今最も注目されているのがBlue Bottle Coffee 。青いボトルそのものがロゴとなっているこのお店はニューヨークのマンハッタンに現在3カ所、東京にも進出が決定…

記事を読む

ニューヨーク Lucky's Famous Burgers (ラッキーズ・フェイマス・バーガー)

シェイクシャック好きに食べて欲しい!ニューヨークのハンバーガー店『Lucky’s Famous Burgers』

    アメリカにきたらとりあえず食べておきたいハンバーガー。   New Yorkはハンバーガーの激戦区でもあり美味しいハンバーガーショップがた…

記事を読む

スパイス専門店『KALUSTYAN'S』

香辛料の品揃えニューヨークNo.1!? スパイス専門店『KALUSTYAN’S』

  ミッドタウンのレキシントン・アベニュー (Lexington Ave)はインド街。インド雑貨店やカレー屋など独特な雰囲気を醸し出していますが、今日のお目当てはここ。   …

記事を読む

ニューヨークチャイナタウンのJOE’S SHANGHAIの小籠包

ニューヨークNo.1の小籠包ならチャイナタウンの『JOE’S SHANGHAI』

  ニューヨークにはチャイナタウンが点在していて、Queens区の有名なFlushingには、かなり大きいチャイナタウンがあります。 そのフラッシング内にある、評判が高い小籠包店…

記事を読む

Crif Dogs (クリフ・ドッグ)

ホットドッグの革命!?ニューヨーク屈指のジャンクなホットドッグ専門店『Crif Dogs』

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。   今日紹介するのは僕がニューヨークで食べたホットドッグの中で1番衝撃的だったホットドッグ店「Crif Dogs…

記事を読む

Clinton St. Baking Company (クリントンストリート・ベイキング・カンパニー)

パンケーキだけじゃない!NYのNo.1パンケーキ屋は行列ができる定番観光スポット!

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。   日本のガイドブックのも多々取り上げられ、今やニューヨークに訪れる日本人の後が絶たないClinton St…

記事を読む

ad

糸満の電照菊
秋夜彩る電照菊。南部有数の糸満市小波蔵はドライブコースに最適

  涼しくなってきたこの時期。いかとお過ごしで…

「美らイチゴ糸満農園」
予約不要でいちご狩り。南部に「美らイチゴ糸満農園」がオープン!

2017年2月15日に開園した新いちご狩りスポットに行ってきました。予…

ルネッサンスリゾートオキナワのイルミネーション
プールに浮かぶ青イルカ。ホテル『ルネッサンスリゾート』のイルミネーション

大きく光る「R」のロゴ。ホテルのビーチエリアに約8万球の明かりが灯りま…

中国式庭園・福州園のライトアップ
日本百名月に認定。那覇市『福州園』の夜間特別ライトアップ

異国情緒あふれる那覇市『福州園』。ライトアップイベントは、2016年度…

2017-0327.4.jpg
海も見渡せる沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行ってきた。

那覇から片道2時間半。沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行っ…

ケータリングサービスinOIST
上間弁当てんぷらの新サービスがお洒落すぎて紹介せずにはいられない

弁当や惣菜でおなじみの「上間弁当てんぷら」が新ケータリングサービス"C…

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)
こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Sub…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ