新観光スポット!絶景が望める『古宇利オーシャンタワー』とは

: 2015/06/05 : 4 沖縄

2014-0218.14

 

2013年11月23日に古宇利島にオープンした新施設『古宇利タワー』という新観光スポットが誕生しました。
有料の展望台施設としては県内初ということでいざ観光!

 

スポンサーリンク

 

新設の古宇利オーシャンタワーに行ってみた

 

平成17年に開通した「古宇利大橋」通ると、目の前にタワーらしきものが見えてきます。
 
2014-0218.19 copy

 

time見学時間 : 約1時間30分

 

少しクネクネした道を進んで到着。
乗用車約130台、観光バス15台収用可能な駐車場を備えています。
 
2014-0218.13 copy

 

 

入り口にいくと自動精算機が2台。
料金は大人は800円、中・高校生は600円。小学生未満は無料になっています。
(写真は団体料金になっているので注意!)
 
2014-0218.8 copy

 

 

こちらが古宇利オーシャンタワーのマップ。
 
2014-0218.21copy

 

チケットを購入して案内された先がここ。
どうやら展望タワーまで案内してくれる自動カートに乗るみたいです。

 

2014-0218.15 copy

 

カートで展望タワーまで到着すると、待っていたのは「シェルミュージアム」。

 

2014-0218.9 copy

 

「シェルミュージアム」は1万点以上にも上る国内外の貝殻が展示されています。

 

2014-0218.10 copy

 

大きいサイズの貝から、とげとげした「ホネガイ」と呼ばれる面白い形の貝があり20分程楽しめると思います。

 

2014-0218.11 copy

 

シェルミュージアムおすすめの貝は2つ。

ひとつは自然の貝の様々な色を集めて展示しているコーナー。

 

2014-0218.2 copy
 
本当に存在しているとは思えないほど奇麗です。

 

2014-0218.3 copy

 

もうひとつはハート型の貝。こちらも幻想的に展示されていて、沢山の人でにぎわっていました。

 

2014-02120 copy

 

シェルミュージアムを出て案内された先にエレベーターが。
こちらを登っていくと、目の前には青々と広がる古宇利島周辺の海が一望!

 

2014-0218.12 copy

 

中はこんな感じ。

 

2014-0218.4 copy

 

階段で上の階まで上がれたので登ってみると、天井が少し吹き抜けて心地よい風が入って来る見晴らしの良いフロアに着きました。

 

2014-0218.6 copy

 

 

よく見ると、古宇利大橋がはっきりと見えるじゃありませんか!
晴れていたので最高に奇麗な海を眺めることができました。

 

2014-0218.5 copy

 

 

真っ白な三角錐の古宇利オーシャンタワーは高さが海抜82m。
敷地面積は約2万5千平方メートル。

 

タワーのほか、県産野菜を中心としたレストラン、島限定のグッズを取り扱うショップ、貝の博物館、ユリなどの植物園があります。

 

2014-0218.16 copy

 

こちらはレストラン「Ocean Blue」のメニュー。
ピザがおすすめみたいです。

 

2014.0218-18 copy

 

 

建物の建設にかかった費用は約10億円だとか。
晴れの日はとにかくおすすめ!
北部に行った際は是非寄ってみてください。

 

 

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538番地
電話:0980-56-1616
営業時間:9:00~18:00
定休日:無休
入園料:大人:800円、中・高校生:600円、小学生:300円
施設のHP:http://www.kouri-oceantower.com/

 

 

管理人
ひとこと

古宇利島は恋の島って言われるよー。

 

合わせてこちらもどうぞ:

 


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「沖縄」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
那覇うみそらトンネル

那覇うみそらトンネルで電波ジャック⁉︎→工事のお知らせでした。

  空港と若狭を結ぶ海底トンネル   ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。   那覇うみそらトンネルといえば、2011年に開通した沖…

記事を読む

花と赤瓦の美しい島-竹富島

アナログな使えるギフト。沖縄限定の切手を土産にいかが?

何かちょっと変わった沖縄土産が欲しいなと思ったら、切手なんかはいかがでしょう? 実用的だし、沖縄の郵便局でしか買えないものがけっこうあります。現在郵便局で購入できる沖縄限定の切手7種類を紹介します!…

記事を読む

沖縄 58号線

爽快12倍速!Hyperlapseを使って沖縄の国道58号線を全走してみた

    沖縄の大動脈と言われている58号線。   どこから始まってどこで終わるか考えたことありますか?   今回iPhone…

記事を読む

2014-0204.4

沖縄の牛乳「946ml」の謎

沖縄で販売されている牛乳は全て1Lではなく946mlです。これには沖縄特有の理由があるんです。アナタはなぜだと思いますか?…

記事を読む

沖縄観光先読みカレンダーPRO

海外観光客の動きがわかる?「沖縄観光先読みカレンダーPRO」2017年版

外国人観光客の動向を先読みする目的で千部限定1部500円で販売している沖縄観光先読みカレンダーPRO。3年分の暦、主なイベント、月別海外観光客入域数、混雑状況、海外の休日が掲載されています。…

記事を読む

沖縄闘牛名鑑2016ポスター

これであなたも闘牛女子?千部限定の『沖縄闘牛名鑑2016』ポスターが欲しすぎる…

沖縄闘牛『ウシオーラセー』。闘牛に情熱を注ぐフリーカメラマンの方が制作した闘牛ポスター&カレンダーが話題になっています。階級別王者など名牛34頭が掲載されたポスターを見れば、闘牛に引きこまれること間違…

記事を読む

沖縄 オリオンビール

いくつ知ってる?歴代オリオンビール130種類以上が大集合!

  1957年に創業してから今年で57年。 沖縄の大手企業オリオンビールは半世紀以上沖縄とともに歴史を歩んできました。 これまでオリオンビールから発売された製品はなんと…

記事を読む

沖縄大百科事典

「ン」で始まる言葉も⁉︎ 沖縄を詳細に記した最初で最後の『沖縄大百科事典』とは?

沖縄タイムス社が創刊35周年を記念し1983年に発行した百科事典。上中下3巻と別巻1冊からなるこの書物は、定価55,000円という破格の値段。沖縄タイムスの記事によると、総経費は約7億5千万円、1万7…

記事を読む

恩納村文化情報センター

海が望める図書館!? 道の駅そばにある『恩納村文化情報センター』は穴場スポット!

2015年04月にオープンした恩納村文化情報センター。恩納村の道の駅の横にあり、2階には海が望める図書館があります。まだ地元の人にしか知られていない穴場中の穴場。本を読みながら絶景を楽しんでみてはどう…

記事を読む

1

雪が降ったぞ−! 沖縄本島初観測。県内各地で撮られた映像まとめ

沖縄本島でも正式に雪が観測されました。39年前と違い、霙(みぞれ)を目視確認できた県民の方々も多かったみたい。沖縄県内で撮られた「みぞれ」映像を一挙紹介します。信じるか信じないかはアナタ次第!…

記事を読む

ad

糸満の電照菊
秋夜彩る電照菊。南部有数の糸満市小波蔵はドライブコースに最適

  涼しくなってきたこの時期。いかとお過ごしで…

「美らイチゴ糸満農園」
予約不要でいちご狩り。南部に「美らイチゴ糸満農園」がオープン!

2017年2月15日に開園した新いちご狩りスポットに行ってきました。予…

ルネッサンスリゾートオキナワのイルミネーション
プールに浮かぶ青イルカ。ホテル『ルネッサンスリゾート』のイルミネーション

大きく光る「R」のロゴ。ホテルのビーチエリアに約8万球の明かりが灯りま…

中国式庭園・福州園のライトアップ
日本百名月に認定。那覇市『福州園』の夜間特別ライトアップ

異国情緒あふれる那覇市『福州園』。ライトアップイベントは、2016年度…

2017-0327.4.jpg
海も見渡せる沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行ってきた。

那覇から片道2時間半。沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行っ…

ケータリングサービスinOIST
上間弁当てんぷらの新サービスがお洒落すぎて紹介せずにはいられない

弁当や惣菜でおなじみの「上間弁当てんぷら」が新ケータリングサービス"C…

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)
こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Sub…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ