海外観光客の動きがわかる?「沖縄観光先読みカレンダーPRO」2017年版

: 4 沖縄

沖縄観光先読みカレンダーPRO

 

外国人観光客が増え続けている沖縄。

最近は、地元の人さえあまり行かない場所にでも観光客の姿を見るようになりました。お出かけしたいけど、海外の団体観光客とバッティングするのは避けたい。。。

そんなことを考える地元の人も少なくないとかと思いますが、そんなリスクを多少なり避けることができるカレンダーがこのたび発売されました。その名も「沖縄観光先読みカレンダーPRO」。

その名の通り”観光”を”先読み”するカレンダーです(笑)

 

スポンサーリンク

 

沖縄観光先読みカレンダーPROとは

 

「沖縄観光先読みカレンダーPRO」はOTSサービス経営研究所が発売。今年で5年目となるこのカレンダーは、外国人観光客の動向を知る目的で、千部限定、1部500円という価格で県内の書店で販売されています。

このカレンダーの特徴は5つ。

 

1.3年分の暦が一覧で収録

沖縄観光先読みカレンダーPRO

 

今年のカレンダーには2016年から18年まで3年分の暦が旧暦・六曜付きで記載されています。大型のA1版で一面に収録されているので、ぱっと見てわかりやすい。3年分とありますが、2017年の暦を中心に大きく表示しています。

 

沖縄観光先読みカレンダーPRO

 

2.イベント一覧が載っている

16年は開催されたイベントの実績、17年は開催される予定のイベントが月別で掲載されています。大きなイベントが1月あたり10~15項目あり、予定を立てるにはもってこい。

 

沖縄観光先読みカレンダーPRO

 

ちなみに17年の1月だとこんな感じ。1月はマラソン大会や桜まつりがありますね。気候に左右される祭りもあるため、日付が書かれていないイベントもけっこうありますw

 

沖縄観光先読みカレンダーPRO

 

3.海外観光客の入域実績を記載

来沖する割合が多い台湾や香港、韓国などの入域数が月別で記載されています。クルーズ客船入港予定便数も書かれていますね。細かい期日はわかりませんので、もし時間帯まで調べるとき、僕の場合は那覇港管理組合のサイトに載っているクルーズ船入港予定表を見ます。

 

沖縄観光先読みカレンダーPRO

 

4.近隣国の休日を記載

国外5カ国・地域(米国、台湾、香港、中国、韓国)の主な休日や祭事が暦に載っています。

例えば、18年の10月8日はアメリカのコロンブスデー、9日は韓国のハングルの日、10日は台湾の国慶日に当たることがわかります。

 

去年は中華圏の旧正月となる春節に被ったため、那覇近辺の移動がかなり大変でした。こういった大型連休は混雑が予想されるので、事前にチェックして避けておくといいかもしれません。

 

沖縄観光先読みカレンダーPRO

 

5.混雑状況を一目で把握

16年のリゾートホテルや観光バス、那覇の混雑状況を色分け表示しており、観光シーズンが一目で分かるようになっています。台風による航空機の欠航が出た日は黒枠で囲んでいるため、台風のシーズンもなんとなくわかります(笑)。これはけっこう便利ですよね。

 

沖縄観光先読みカレンダーPRO

 

まとめ

 

前年度の海外観光客の動向を知ることができる資料はなかなか珍しい。年々客数は増えている上に、団体観光とかぶったら大変なことになるので(経験済み)、混雑のリスクを下げるためにも知っておくにこしたことはないんじゃないでしょうか。

 

 

管理人
ひとこと

県外の観光客の方が知りたいかもね…(笑)

 

合わせてこちらもどうぞ:

—おきなわの魅力が満載!—
沖縄関連の記事へ


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「沖縄」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
沖縄大百科事典

「ン」で始まる言葉も⁉︎ 沖縄を詳細に記した最初で最後の『沖縄大百科事典』とは?

沖縄タイムス社が創刊35周年を記念し1983年に発行した百科事典。上中下3巻と別巻1冊からなるこの書物は、定価55,000円という破格の値段。沖縄タイムスの記事によると、総経費は約7億5千万円、1万7…

記事を読む

沖縄瀬長島

沖縄の定番ドライブスポット!気軽に離島気分を味わえる『瀬長島』

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 那覇空港から15分ほどで行ける離島「瀬長島」。地元の人が集まる憩いの場だったところが、ホテルや遊歩道が建設され、観光&デ…

記事を読む

瀬長島ウミカジテラス

沖縄にイタリア風リゾート地!?『瀬長島ウミカジテラス』のコンセプトが素敵すぎる!!

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 那覇空港近くにある、気軽に行ける離島「瀬長島」。2013年に、海を見ながら温泉に入れる「琉球温泉瀬長島ホテル」ができてか…

記事を読む

那覇空港LCCターミナル内.jpg

那覇空港のLCCターミナルを利用してピーチに乗ったよ

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 福岡旅行の際に利用したPeach(ピーチ)。初のLCCターミナルともあり、色々新鮮でした。那覇空港でピーチに乗るまでや、ピーチ機…

記事を読む

花と赤瓦の美しい島-竹富島

アナログな使えるギフト。沖縄限定の切手を土産にいかが?

何かちょっと変わった沖縄土産が欲しいなと思ったら、切手なんかはいかがでしょう? 実用的だし、沖縄の郵便局でしか買えないものがけっこうあります。現在郵便局で購入できる沖縄限定の切手7種類を紹介します!…

記事を読む

道の駅

【報告】沖縄ファミリーマートで寄稿始めました

報告です! このたび、お声を掛けていただき、沖縄ファミリーマートのWebサイト「週刊ファミマガ」でも記事を書かせて頂くことになりました! 去年の沖縄タイムスに続き、2つ目のウェブ媒体となります。しかも…

記事を読む

沖縄の家51

沖縄で家の購入を検討している方へ。快適な家セレクション『沖縄の家51』

琉球新報社から2005年に創刊された、 不動産、住まい、暮らしの情報を提供している住宅情報紙「週刊かふう」。特別編集され、保存版セレクションとして発行されたのが「沖縄の家51」です。 雑誌として発…

記事を読む

沖縄 オリオンビール

あまり知られていない沖縄のオリオンビールに関する7つの事実

  沖縄でビールといえばオリオンビール。   ビーチBBQや結婚式、イベントや祝い事にはもはや欠かせない、沖縄生まれの地ビールです。   経…

記事を読む

ライカム飲食店一覧

県内最大級のフードコート!イオンモール沖縄ライカムの飲食店数は60店超え!

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 あまりにも膨大で1度で紹介しきれない『イオンモール沖縄ライカム』。中にどんな飲食店があるか気になる人も多いはず。第一弾、二弾は全…

記事を読む

イオンモール沖縄ライカム正面入り口

イオンモール沖縄ライカムプレオープン!開店直前の全貌公開第一弾!

沖縄の今年の大きな話題の1つといえば『イオンモール沖縄ライカム』。県内初&最大級のイオンショッピングモールが誕生するということで期待が高まっていますが、とうとう、22日(水)にプレオープンしました!今…

記事を読む

ad

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)
こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Sub…

2016年買ってよかったものまとめ
カメラ機材とおつまみ。2016年買ってよかったものまとめ

振り返りの季節。2016年は、物はそんなに買っていないものの、一眼レフ…

くもじイルミネーション
【画像】都会にも冬の訪れ。那覇パレットくもじのイルミネーション

パレットくもじから国道58号線の久茂地交差点周辺を、約5万の電飾で彩る…

2016-1220.12.jpg
浜比嘉島に行く理由をみーつけた。鍋やBBQもできるおしゃれなホテル「トリップショットヴィラズ・ハマヒガ」

神聖な場所としてのイメージが強い浜比嘉島。今年の8月、ここにプライベー…

かりゆしミリオンファンタジー
【画像】140万球のイルミネーションが無料!恩納村の「かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」

沖縄の3大イルミネーションの1つ、かりゆしビーチリゾートの「ミリオンフ…

ブルーシール
【画像】ずっと見ていたい。ブルーシール牧港本店のイルミネーション

11月1日に点灯式が開催されイルミネーションで彩られるブルーシール牧港…

沖縄観光先読みカレンダーPRO
海外観光客の動きがわかる?「沖縄観光先読みカレンダーPRO」2017年版

外国人観光客の動向を先読みする目的で千部限定1部500円で販売している…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ