あまり知られていない沖縄のオリオンビールに関する7つの事実

: 2015/06/10 : 8 沖縄

 

沖縄でビールといえばオリオンビール。

 

ビーチBBQや結婚式、イベントや祝い事にはもはや欠かせない、沖縄生まれの地ビールです。

 

経営理念にもある地域社会の活性化というミッションを掲げ、戦後間もないころから地場産業を牽引。今や沖縄を代表する大企業にまで躍進を遂げました。

 

沖縄 オリオンビール

 

県民から愛されているオリオンビール。

 

今回は歴史的背景を中心に、沖縄県民にもあまり知られていないオリオンビールに関することを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

オリオンビールに関する7つの事実

 

 

1. 企業名は「沖縄キリンビール株式会社」になるはずだった。

1956年9月13日。

会社設立の発起人28名が那覇市壺屋の旅亭「幸楽」に集まり第一回発起人会が開催。
当初予定していた社名は「沖縄キリンビール株式会社」でした。

これは日本本土の大手企業「麒麟麦酒株式会社」との技術提携を想定した上での命名でしたが、技術提携の交渉が取りやめになったので、名前からキリンを削除し、「沖縄ビール株式会社」となりました。

 

沖縄 オリオンビール
創業者の具志堅宗精は株式会社赤マルソウ出身

 

現在オリオンビールは、復興特別措置の期限が切れる2007年からアサヒビールと業務提携しています。

もしスタート当時から出資を受けていたら今のオリオンビールはなかったかも…?

 

ちなみに「沖縄ビール株式会社」は、1957の創業から1959年の2年間だけ存在した幻の名称。

 

 

2.オリオンビールの名称は公募でつけられた。

創業から発売を翌年に控え、一般公募によりビール名が募集されました。

賞金が高額だったこともあり寄せられた応募は2,500通以上!
(賞金は3等まであり、1等は1万B円(83ドル40セント) )。

このとき「オリオン」と命名されました。

 

選定された理由は3つ。

①オリオンは星座のオリオン座から命名されたもので、オリオン座は南の星であり、沖縄のイメージにマッチしていること。
②星は人々の憧れを象徴すること。
③当時沖縄を統治していた米軍の最高司令官の象徴が「スリースター」だったこと。

 

同一名称の応募者の中から選ばれたのは那覇市首里の宮平ヨシさん。

 

ちなみに社名は株主総会で「地域名にこだわらず、世界にも通用するような普遍的な名称に改めてはどうか」という提案をきっかけに、オリオンビールの発売時期とほぼ同時期に変更されました。

 

 

3.「ほろ酔い天国」という月刊情報紙があった。

元々発行されていた「オリオン情報」は株主や販売店、料飲店向けの情報紙。内容を見直し、読者と会社のコミュニケーションツールとして新たに発行されたのが「ほろ酔い天国」でした。ビールのつまみになるような記事などで親近感を与え、多くの知識人が執筆に参加したそうです。

 

タブロイド判4ページの新聞形式で、当初2,500部ほどだった発行部数は最盛期には15,000部にまで達しました。

全110号で1号も休むことなく9年間続いたほろ酔い天国は、合理化を求める企業の流れで廃刊に。1971年まで発行されました。

 

沖縄 オリオンビール

原稿料はびんビール6本?

編集長の山田弘はもと琉球新報の記者。その腕を見込まれて具志堅社長からヘッドハンティングされオリオンビールへ入社した。新聞社時代の人脈が役立ち、ほろ酔い天国には多くの経済人や文化人、芸術家が執筆に応じた。ところで原稿料はというと、大びんビール6本。執筆者の方々には事後広告で原稿料をお支払いしたという。

 

 

4. ビール発売から7年で消費量シェアが95%に拡大した。

ビール発売年の1957年から1966年の7年間で、県内ビール消費量5,533㎘ (推定)から15,452㎘へと、約3倍の伸びを示しています。

オリオンビールの島内消費量シェアはというと、同じ期間に約14%からなんと95%に飛躍的に上昇。

 

1957年 1966年
県内ビール消費量 5,533㎘ (推定) 15,452㎘
オリオンビール島内消費量シェア 14% 95%

 

当時の沖縄は「キリン」「アサヒ」「サッポロ」の大手3社に加え、「ミラー」「バドワイザー」「ハイネケン」「サンミゲール」など外国産ビールが多く輸入されていました。占有市場を切り開くのは困難とされていましたが、人海戦術や市場調査、販売奨励金の商標シール(1本2セント)の導入により、7年間でシェアを9割と躍進を遂げることができました。

 

沖縄 オリオンビール販売奨励金の商標シール

 

生活水準の向上により、ビールが消費者の身近な嗜好品になったことも背景にあったようです。

 

 

5. 幻のサイダー「オリオンサイダー」

1971年から1981年かけて10年間オリオンで発売されていた清涼飲料水。

サイダーの生産はビール会社にとって2つ大きな利点がありました。

ビールの醸造過程で算出される炭酸ガスがそのままサイダー製造に利用できること。製造工程や設備が比較的小規模で済むということ。このメリットから本土の大手ビール会社のほとんどがサイダー飲料の開発・販売に取り組んでいたため、オリオンも販売に踏切ました。

 

沖縄 オリオンビール

 

発売された年は水不足による断水により売れ行きが好調。その後も沖縄海洋博覧会でも販売数をのばし、好調な出だしだったとか。ビンの生産が打ち切られた1981年以後も、1988年まで缶入りサイダーの生産は継続されていました。

 

沖縄 オリオンビール

 

 

6.オリオンビールの納税額は県の国税の5.2%もあった。

1989年度のオリオンビールの納税額は104億3,700万円。
沖縄県の国税に占める割合は5.2%にも及びました。

 

その他に県内で調達している材料費、人件費、運搬費、宣伝費は約39億円にのぼり、オリオンビールという企業の存在により約111億円が県外へ流出するのを免れているかたちとなる。

 

ちなみにこれまで売上高が1番大きい年は1994年で27,762,061(千円) = 277億!
ビールの販売量にして65,856㎘。

沖縄の成人人数で割ると、1人当たり16.8㎘年間で消費していることになります。

 

現在の各生産数は毎時このようになっているそうです。(オリオンHPより)

 

沖縄 オリオンビール

 

 

7. お祝い限定のラベルデザインの瓶ビールがある。

沖縄の結婚式に参加したことがある人はみたことあるはず。

結婚式会場では大体目にするのではないでしょうか。

 

沖縄 オリオンビールPhoto by digicool

 

ラベルに「祝」と書かれているこのビールはまぎれもなく祝い事限定の瓶ビール。祝いの席にオリオンビールありとはよくいったものです。

中身はオリオンドラフトビールになります。

 

ちなみに記念年やキャンペーンなどで限定発売されるオリジナルラベルはけっこうあります。「海洋博記念缶」や「復帰20周年記念缶」、「年賀ビール」、「サミット記念ビール」など様々。

2001年には全国的に話題になったNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」を応援しようと「ちゅらさん缶」も誕生しました。

 
沖縄 オリオンビール

 

主に県外向けに発売されていたため、県内で見た事ある人はそれほど多くないかもしれません。

 
オリオンビールはニューヨークの日本食スーパーで販売していたり、本屋さんで発見した世界的なビールの本にも取り上げられていて、沖縄県民として誇りに思います。
 

  クイーンズ区アストリアにある日系スーパー。その名も『ファミリーマーケット』クイーンズ区アストリアにある日系スーパー。その名も『ファミリーマーケット』

僕が住んでいるQueens Astoria (クイーンズ区アストリア)はニューヨーク内でも治安が良くて…

 

 

  丸1日時間が潰せる本屋!ニューヨークで1番大きい書店『Barnes & Noble』丸1日時間が潰せる本屋!ニューヨークで1番大きい書店『Barnes & Noble』

丸1日中いても飽きないほど品揃えが豊富で、雨の日は観光せずにこちらの書店でゆっくり…

 

 
これからもますますの躍進に期待!
 

 


 いくつ知ってる?歴代オリオンビール130種類以上が大集合!いくつ知ってる?歴代オリオンビール130種類以上が大集合!

これまでオリオンビールから発売された製品はなんと130種類以上!ドラフトビール、発泡酒、リキュール、清涼飲料水など、オリオンビール製品を一挙に紹介…

 

 

参照:
オリオンビール公式サイト
オリオンビール50年のあゆみ(書籍) / オリオンビール株式会社

 

合わせてこちらもどうぞ:

—おきなわの魅力が満載!—
沖縄関連の記事へ

 


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「沖縄」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
よへなあじさい園.jpg

映える群青。30万輪のあじさいが咲き誇る本部町『よへなあじさい園』は梅雨の時期におすすめ

梅雨の時期。雨が降っても回れる数少ない観光スポットが「よへなあじさい園」。本部町伊豆味の奥地にあるあじさい園は、30年以上かけておばぁが育てたあじさいなどの花々が30万輪咲いています。見渡す限り咲き誇…

記事を読む

沖縄瀬長島

沖縄の定番ドライブスポット!気軽に離島気分を味わえる『瀬長島』

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 那覇空港から15分ほどで行ける離島「瀬長島」。地元の人が集まる憩いの場だったところが、ホテルや遊歩道が建設され、観光&デ…

記事を読む

沖縄大百科事典

「ン」で始まる言葉も⁉︎ 沖縄を詳細に記した最初で最後の『沖縄大百科事典』とは?

沖縄タイムス社が創刊35周年を記念し1983年に発行した百科事典。上中下3巻と別巻1冊からなるこの書物は、定価55,000円という破格の値段。沖縄タイムスの記事によると、総経費は約7億5千万円、1万7…

記事を読む

那覇うみそらトンネル

那覇うみそらトンネルで電波ジャック⁉︎→工事のお知らせでした。

  空港と若狭を結ぶ海底トンネル   ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。   那覇うみそらトンネルといえば、2011年に開通した沖…

記事を読む

瀬長島の遊歩道

遊歩道が完成!観光地としての整備が進む瀬長島の今を紹介します。

沖縄の南部にある、定番のドライブスポットといえば『瀬長島』。イタリア風のリゾート地の建設が進んでいたりと、今年話題のスポットになるのは間違いなし。つい最近行ってみると、ホテル横の高台から南側の沿道にか…

記事を読む

イオンスタイル

イオンモール沖縄ライカムに新コンセプトのストア『イオンスタイル』が登場!

イオンモール紹介第四弾!   ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 グランドオープンが近づきますます期待が高まる『イオンモール沖縄ライカム』。前回のフード紹…

記事を読む

2014-0204.4

沖縄の牛乳「946ml」の謎

沖縄で販売されている牛乳は全て1Lではなく946mlです。これには沖縄特有の理由があるんです。アナタはなぜだと思いますか?…

記事を読む

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)

こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Subaco(すばこ)」。沖縄の気候風土に合っているかや、技術力、独創性などが評価されの第2回「沖縄建築賞」で一般建築部門の正賞(最優秀…

記事を読む

Starbucks

沖縄のスタバに関する興味深いデータ。意外と沖縄にスターバックスは多い?

沖縄にスタバに関する興味深いデータがあります。店舗数ランキングでいうと全国13位ですが、人口当たりのスターバックスの店舗数は2位となっています。消費量は少ない沖縄に、なぜコーヒーの店舗が多いのでしょう…

記事を読む

道の駅

【報告】沖縄ファミリーマートで寄稿始めました

報告です! このたび、お声を掛けていただき、沖縄ファミリーマートのWebサイト「週刊ファミマガ」でも記事を書かせて頂くことになりました! 去年の沖縄タイムスに続き、2つ目のウェブ媒体となります。しかも…

記事を読む

ad

糸満の電照菊
秋夜彩る電照菊。南部有数の糸満市小波蔵はドライブコースに最適

  涼しくなってきたこの時期。いかとお過ごしで…

「美らイチゴ糸満農園」
予約不要でいちご狩り。南部に「美らイチゴ糸満農園」がオープン!

2017年2月15日に開園した新いちご狩りスポットに行ってきました。予…

ルネッサンスリゾートオキナワのイルミネーション
プールに浮かぶ青イルカ。ホテル『ルネッサンスリゾート』のイルミネーション

大きく光る「R」のロゴ。ホテルのビーチエリアに約8万球の明かりが灯りま…

中国式庭園・福州園のライトアップ
日本百名月に認定。那覇市『福州園』の夜間特別ライトアップ

異国情緒あふれる那覇市『福州園』。ライトアップイベントは、2016年度…

2017-0327.4.jpg
海も見渡せる沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行ってきた。

那覇から片道2時間半。沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行っ…

ケータリングサービスinOIST
上間弁当てんぷらの新サービスがお洒落すぎて紹介せずにはいられない

弁当や惣菜でおなじみの「上間弁当てんぷら」が新ケータリングサービス"C…

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)
こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Sub…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ