ピースボートの世界一周客船「オーシャンドリーム号」の船内見学に行ってきた

: 2016/08/06 : 11 旅行

8階プール&ジャグジー
 

船旅もいいなぁ。ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。

最近海外のクルーズ船の寄港が多い那覇クルーズターミナル。毎回通るたびにいろんな船が停泊しているのでやたらと見てしまいます。

今年の3月には世界で最も有名な豪華客船といわれる「クイーン・エリザベス」が寄港して、船内見学会まで行われるというなんとも気になるプログラムが開催されていたのですが、気づいたときには時すでに遅し。

 

クイーン・エリザベス 3代目豪華客船初入港 | 沖縄タイムス+プラス クイーン・エリザベス 3代目豪華客船初入港 | 沖縄タイムス+プラス

「世界で最も有名な豪華客船」といわれる「クイーン・エリザベス」(9万900トン、乗客定員20…

 

なにか他にも見学ツアーがあったらいいなーと思っていたら、見つけました、世界一周の客船「オーシャンドリーム号」の船内見学ツアー。

オーシャンドリーム号といえば、よく飲食店などで貼られているのを見かけるポスター「ピースボート」の船舶旅行に使用される船です。豪華客船という枠に入るかどうかはわかりませんが、世界一周に使われる船なので、大きいに違いない! ということでさっそく見学ツアーに申し込みして参加してきました!

 

スポンサーリンク

 

船内見学ツアーの様子

 
那覇クルーズターミナルに到着すると、いつもとはちょーと雰囲気が変わっていて、車の駐車がやたらと多い多い。いつもなら乗船者以外はこのターミナルまで進むことができませんでしたが、駐車場の関係もありここの奥に停めることができました。

 

オーシャンドリーム号

 

船の横にはでかでかと「PEACE BOAT」の文字が。それにしてもあらためて見ると大きいこと。オーシャンドリーム号は総トン数35,265トン、全長205メートル、乗客定員1,422人。頻繁に寄港しているクルーズ船「COSTA VICTORIA」が75,166トン。3〜5トン級のクルーズ船もけっこうあるので、クルーズ船と比較すると小サイズなんですねΣ(°Д°)

 

オーシャンドリーム号

 

普段は入れないターミナル内へ! 周りにはあまり関係のなさそうな外国人の方もちらほら。

 

オーシャンドリーム号船内見学ツアー

 

中はほぼ待合室みたいな感じ。セブン銀行が利用できるATMもありました。ちなみに8月3日の見学日は12時〜16時までで、受付は15時まで。2時ごろだと少しは空いているかなと思いましたが行列が…。

 

オーシャンドリーム号船内見学ツアー

 

しかも2階でも行列\(^o^)/乗船には、予約した際に届く名前付きの乗船券と身分が確認できるもの(免許証など)が必要になります。15時ギリギリだったら全然みれなかったはず。。

 

オーシャンドリーム号船内見学ツアー

 

一度チェックをして、参加費の500円を払った後、今度はビジターパスを発行するためにまた列に並びます。

話を聞いてみると、今回2000名の応募だったようですがそれ以上に申し込みがあったそうです。

 

オーシャンドリーム号船内見学ツアー

 

意外とチェックは厳しいんです。

 

オーシャンドリーム号船内見学ツアー

 

ビジターパスを受け取りいざ乗船!

 

オーシャンドリーム号船内見学ツアー

 

オーシャンドリーム号船内の様子


 

乗船は初め3階から。今回見学ができるのは7〜9階の上層部です。それ以下は客室がほとんどみたい。

 

オーシャンドリーム号船内見学ツアー

 

エレベーター前の階段はクルーズ船らしいゴージャスなつくり。さっそくテンションがあがる!

 

オーシャンドリーム号船内の様子

 

こちらは8階前方にあるスターライト・ラウンジ。円卓に囲まれ中央にはステージらしきものがあります。

 

スターライト(ラウンジ)

 

きっとここでパフォーマンスやダンスパーティーらしきものをするんでしょう。ミラーボールも備え付けられています。

 

スターライト(ラウンジ)

 

奥にはシックな座席があって、ゆっくり読書したりできそう! ここが個人的にお気に入りの場所。

スターライト(ラウンジ)

 

船内の廊下は基本的にこのような感じで、大きな窓で外の景色を見ることができます。きもちいい−!

 

オーシャンドリーム号船内の様子オーシャンドリーム号船内の様子

 

麻雀卓や、囲碁、将棋が楽しめるテーブルもありました。乗船者同士で交流できますね。この日はスタッフと一緒に遊んでいる子どもたちの姿がちらほら。

 

廊下にあるテーブルゲーム

 

10台もありませんがパソコン席もありました。航海中はネット回線はなさそうですがどうなんでしょうか。

 

廊下にあるパソコン

 

8階中央にあるバー・カサブランカ。優雅にくつろげそうなラウンジですね。

 

バー・カサブランカ

 

乗船見学なので、船内では一応ピースボートに興味がある人向けに説明会も開催されています。気になる人はスタッフがつきっきりで案内もしてくれるそうです。

 

ピースボート説明会場

 

おお!なかなかすごい!バー・ピアノ。

 

バー・ピアノ

 

部屋がピアノで埋め尽くされています。中央にはグランドピアノ。至近距離で演奏を聞くことができそうです。

 

バー・ピアノ

 

バイーア・ラウンジもスターライト・ラウンジと似たような雰囲気ですが、少し狭く機材も変わります。

 

バイーア(ラウンジ)

 

ドラムセットやアンプがセットされているのでライブ演奏を聞くことができるラウンジなのでしょうね。

 

バイーア(ラウンジ)

 

7階の前方にはブロードウェイ・ラウンジがあります。NYで見ることができるブロードウェイのようなつくり。客席間は広くゆったりしています。

 

ブロードウェイ(ラウンジ)

 

船内ともあってステージの規模はやはりこれぐらい? 旅行期間中どのぐらい上演されるかはわからないけど、見てみたい。

 

ブロードウェイ(ラウンジ)

 

ソファはわりとふかふかで良い座り心地(´-`)

 

ブロードウェイ(ラウンジ)

 

4階にはレセプションルーム。ホテルのような雰囲気ですね。

 

4階レセプション

 

サウナもありました! 料金はというと90分700円。回数券もあって4回券は1500円とかなりお得。14時〜24時まで営業しているそうです。(最終受付は22時半)

 

サウナラウンジ


 

ちなみにキッズルームもあるそうですが、こちらは今回見学することができませんでした。


 

船外の雰囲気


 

さて、お次は船外を見ていきます。8階後方にはプール&ジャグジーコーナー。これぞクルーズ船という感じ!

 

8階プール&ジャグジー

 

上から全体を見るとこんな感じ。パラソル席に中央にはプール。お世辞にも大きいとはいえませんが、雰囲気は十分楽しめそう。

 

8階プール&ジャグジー

 

子どもたちはジャグジーに興味津々。ジャグジーにつかりながら海を眺めるのもやってみたい(´-`)
 

8階プール&ジャグジー

 

普段滅多見られないクルーズ船からの那覇クルーズターミナルの様子。こんな感じで見えているんですね。

 

船外の様子

 

実は船内には乗船者がいて、今回は近隣を回るショートクルーズの真っ最中。ほとんどのお客さんは現在那覇近辺を観光中らしいのです。船内には乗船客しか利用できない「ビュッフェレストラン」もありました。

こうやってクルーズ中も停泊場所で見学案内とかするんですね。たしかに効率いい。

 

ビュッフェレストラン

 

屋上には四方が網で囲まれたバスケットコートも。船上で運動できるのはいい!

 

バスケットコート

 

その横には救命ボートが備え付けられています。けっこう立派なボート!

 

避難船

 

両側に設置されていて番号がふられています。屋根付きと屋根なしの2種類ありました。

 

避難船

 

そうそうここでのんびりぼーっとしたいよねぇ(´-`).。oO ()

 

オープンテラス

 

なんと中央にもプールエリア!ここはわりと深めです。オーシャンドリーム号にはこれ以外にも小さいサイズのプールがあって全部で3つのプールがあるんだとか。

 

プールエリア

 

そのすぐ横にはジムもありました。狭めですがプールを眺めながらトレーニングに励むことができます。子どもたちにも大人気!

 

ジム

 

世界中をまわるとあって船内にはいたるところに多言語のあいさつが書かれた紙が貼られていました。

 

外国語の看板

 

一番前方にもテーブル席。日よけにもなって特等席感がにじみ出てる!

 

船の前側

 

客室の様子


 

乗船客も居ますが、一部の客室を解放しているのでそちらも見学してきました。一番ハイスペックな部屋は1室だけ誰でも見られましたが、他の部屋はスタッフと一緒じゃないと入ることができません。

 

客室の様子

 

リーズナブルなエコノミークラス

ここが一番リーズナブルな4人相部屋(窓なし)で、どのコースも129万円。窓がないですが奥に鏡があるのでそこまで狭い感じはしません。一応ベッドには仕切りもついています。折りたたみも可能なんだとか。

 

一番グレードが低い4人部屋(窓なし)

 

テーブル席、テレビもついています。4人揃うとさすがにきつそうですが、経験したスタッフさんいわく、あまり部屋にいることがないので、全然気にならなかったそうです。たしかに割り切れればいいかも。

 

一番グレードが低い4人部屋(窓なし)

 

バスは湯船なしと、いわゆる簡易ホテルみたいなバスルームのつくりです。1人1スペース分(1人丸々入るぐらい)の荷物ロッカーもありました。

 

一番グレードが低い4人部屋のバスルーム

 

続いて2人部屋へ。
客室と客室の間にはこのようにカラフルな壁紙が貼られています。

 

客室の廊下

 

こちらは2人部屋(ペアエコノミー・窓あり)。4人部屋に比べると随分広く感じる…(笑) 料金はコースにもよりますが、2017年4月出航の第94回ピースボート105日間の旅の場合、1人当たり210万円。早期予約割引もあるらしく適用されると175万5千円になり33万5千円安くなります。シングルだと早割適応で275万円。

ちなみにバスルームのつくりは4人部屋と同じです。

 

グレード普通の2人部屋(窓あり)

 

グレードが高いペアバルコニー

こちらの部屋が今回解放されていた一番グレードが高い2人部屋。やはりつくりは違っていて高級ホテルみたいな印象。やっぱり広い(笑)

 

グレードが高い2人部屋

 

ベッドに置いてあるアメニティセット。こちらの部屋は2017年4月出航の場合395万5千円。早割適応で346万5千円になります。もちろん一人あたりですよ?

 

グレードが高い2人部屋

 

なんと外にはバルコニーも。これぞクルーズ船の旅って感じが一気にしてきたー (°∀°)

 

グレードが高い2人部屋のバルコニー

 

ロッカーのスペースももちろん違います。棚付きのロッカースペースが、

 

グレードが高い2人部屋

 

反対側にももう一つ。

 

グレードが高い2人部屋

 

ナンバーロック式の金庫も2つありました。

 

グレードが高い2人部屋

 

バスルームもご覧のようにホテルさながら。ウォシュレット付き、バスルーム付きとやはり格が違います。

 

グレードが高い2人部屋のバスルーム

 

外からみるとこのようにバルコニーが付いている部屋がわかりますよね。うーん、贅沢。

 

グレードが高い2人部屋の外の様子

 

まとめ


 

興味本位で見学ツアーに参加してみましたが、いざ見てみるとすごく行きたくなりました(笑)。ピースボート以外にもクルーズ船はたくさんありますが、ピースボートはなんたって他の世界一周船に比べたら安いんですよね。120万円代で世界一周できるとか…。しかもポスターを貼れば貼るほど安くなるという素敵なアイデアも。


 

でも、どうせ行くならぼくは優雅に過ごしたい派なので、稼いでから他のクルーズ船も検討してみたいと思います(笑) 。ちなみに気になる方は、韓国や中国、福岡などを周るショートクルーズ9日間(約9万円〜)の旅もあるので探してみてはどうでしょうか。

 

船内から海を見る少年

 

 

国際交流NGOピースボート
http://peaceboat.org/

 

 

 

管理人
ひとこと

他のクルーズ船も見学させてください

 

合わせてこちらもどうぞ:

—おきなわの魅力が満載!—
沖縄関連の記事へ


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「旅行」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
海外 通販 ショッピング ディスカウント 方法

海外通販で商品を安く手に入れる方法。ディスカウントクーポンを活用すべし!

  海外でネットショッピングするときによくみかけるこんな入力画面。     Promotion Code (プロモーションコード)って書い…

記事を読む

campfire

キャンプ前の予備知識。上手なキャンプファイヤーの作り方

アウトドアに海や山に出かける季節。お泊りするなら夜にキャンプファイヤーを作って楽しみたいはず。でも意外とキャンプファイヤーって作るの難しいんですよね。今回は簡単に作れる実用的なキャンプファイヤーの作り…

記事を読む

アメリカ トイレ事情

旅行前に知っておきたいニューヨークのトイレ事情

    旅先で確認しなければいけないことの1つにあげられるのがトイレ事情。   日本は世界でも最先端で衛生的なトイレで、かつ気軽に行けるコンビニと…

記事を読む

ジェットスターロゴ

ジェットスターで航空券以外にかかる費用は?ネット予約から搭乗までの流れ

  ハイサイ!旅行が好きな@OKI_NOTEです。 この前沖縄から大阪に行く時に、ジェットスターを利用しました。友人の話とかを聞いているとけっこう悲惨な目にあったりしたらしいので…

記事を読む

house5

こんなところに泊まれる!?宿泊検索サイト『Airbnb』で見つけたお洒落な家10選

宿泊者先を探す旅行者(ゲスト)と空部屋を貸したい人(ホスト)をつなぎ、 快適で安全な宿を提供する「Airbnb」。宿泊料金はホストが自由に価格設定されているため、ピンからキリまであります。 高額な…

記事を読む

アメリカ 食品事情 賞味期限

アメリカの食品事情。賞味期限を信じてはいけない?

3ヶ月間アメリカにいて色々感じた食に関することをまとめました。日本の賞味期限と同じ考え方で過ごすと痛い目に合いました…。…

記事を読む

海外ネットショッピング クレジットカード

海外Web通販で商品を購入するまでの流れ。つまづいた場所・対処法など公開

  ネットショッピングはハードルが高い?   海外で旅行中や短期滞在中に、せっかくなので海外Webサイトのサービスを利用したくなりますよね。かくいう僕も、ニューヨークに3…

記事を読む

アメリカ ニューヨーク 水事情

アメリカの水事情。ニューヨークの水道水は安全?

アメリカの水道水は飲める?これからアメリカに旅行・滞在する方は、知っとかないといけない、アメリカの水事情に関することです。…

記事を読む

ニューヨーク フリーペーパー 情報紙

NYで生活お役立ち情報を収集する方法。フリーペーパーの種類と特徴

New York (ニューヨーク)で、現地の新しい情報を収集するにあたって欠かせないのがフリーペーパー(情報紙)。 内容はイベント情報や時事ネタを中心に、スーパー・飲食店情報、不動産、英会話…

記事を読む

carrybag

フライトアテンダントに学ぶ10日間の旅行で持って行くべき荷物リスト

  旅行に必要な最低限の物   旅行へ行くとき持って行くべき荷物は悩むもの。 キャリーバッグに詰めて、いざ持って行こうとすると パンパンで入らなくなった経験がある…

記事を読む

ad

糸満の電照菊
秋夜彩る電照菊。南部有数の糸満市小波蔵はドライブコースに最適

  涼しくなってきたこの時期。いかとお過ごしで…

「美らイチゴ糸満農園」
予約不要でいちご狩り。南部に「美らイチゴ糸満農園」がオープン!

2017年2月15日に開園した新いちご狩りスポットに行ってきました。予…

ルネッサンスリゾートオキナワのイルミネーション
プールに浮かぶ青イルカ。ホテル『ルネッサンスリゾート』のイルミネーション

大きく光る「R」のロゴ。ホテルのビーチエリアに約8万球の明かりが灯りま…

中国式庭園・福州園のライトアップ
日本百名月に認定。那覇市『福州園』の夜間特別ライトアップ

異国情緒あふれる那覇市『福州園』。ライトアップイベントは、2016年度…

2017-0327.4.jpg
海も見渡せる沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行ってきた。

那覇から片道2時間半。沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行っ…

ケータリングサービスinOIST
上間弁当てんぷらの新サービスがお洒落すぎて紹介せずにはいられない

弁当や惣菜でおなじみの「上間弁当てんぷら」が新ケータリングサービス"C…

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)
こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Sub…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ