浜比嘉島に行く理由をみーつけた。鍋やBBQもできるおしゃれなホテル「トリップショットヴィラズ・ハマヒガ」

: 2016/12/23 : 6 沖縄

 

聖な場所としてのイメージが強い浜比嘉島。

 

この島にたどり着くためには、海中道路を渡ってさらにもう1本の橋を渡らないといけません。めったに行かない場所ですが、このたび訪れる理由ができました。

 

そう。

 

おしゃれ非日常感あるホテルが浜比嘉島にできたのです。

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ

 

その名も「トリップショットヴィラズ・ハマヒガ」

 

沖縄で絶賛活躍中ブイブイいわせている、ウェブライター・真崎さんに誘われて、数名の沖縄在住ライター&ブロガーさんで泊まってきました。

 

管理人
真崎さん

主催の真崎ですよ。


 

もう非日常的だし素敵すぎてビックリ。

 

365日泊まって「これがNICHI-JYO」って言いたい。

住所「トリップショットヴィラズ・ハマヒガ」って書きたい。

 

宿泊の様子は別の記事にまとめて近々公開する予定なので、今回は「トリップショットヴィラズ・ハマヒガ」について紹介をしていきますよ!

 

スポンサーリンク

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガってどんな所?

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ

 

ことし8月にオープンしたプライベートヴィラ「Tripshot Villas Hamahiga (トリップショットヴィラズ・ハマヒガ)」。

コンドミニアムタイプで、1室2階建てのヴィラが4棟、それぞれ独立しています。

1棟貸しで料金は時期にもよりますが、約3万円ほど。ちょっと良いホテルに泊まるのもありですが、この1棟まるまる貸し切るプライベート感と贅沢感は味わう価値ありです。1室3名まで泊まることができます。

 

島の魅力と沖縄の気候を融合する造り


 

建物は広さが異なるヴィラスイート(32㎡)とガーデンスイート(37㎡)がありますが、仕様は一緒。こちらは向かって一番右側のD棟、ガーデンスイートになります。段差がなくスムーズに移動できる室内。1階にはトイレとリビングとキッチンがあります。

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ

 

コンセプトは「センス オブ プレイス」。サイトに「最大の特徴は建築様式」と書かれているように、無機質なコンクリートと温かみのある木材が融合し、どこか浜比嘉島をイメージさせるような造りになっています。

モダンでクールとはまさにこのこと…!

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ 

 

部屋いっぱいの大窓は贅沢以外の何ものでもありません。コンクリートのため冬は一見冷えそうに見えますが、室内は温かくエアコンは備え付けられているので全然心配ありませんでした。ぼくは気がついたらソファーで寝ていたのですが、大きく心地よい肌触りで快適でした。

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ

 

そして圧巻は2階のベッドルーム。全室オーシャンビューとあるように、窓から海が一望できること。ご覧のように部屋はもてあますほど広いことがわかります。

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ

 

朝起床してこんな景色を眺めることができるとか、もう最高。机もあるのでぼーっとしたりコーヒーを飲んでゆっくりもできますね。

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ
 

もちろん隔離されているので、プライベートもばっちり。ほんのちょっとワイワイするぐらいでは問題なさそうです。

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ

 

ちなみにお隣のC棟、ヴィラスイートはこんな感じ。

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ

 

充実のアメニティと設備


 

設備も重要なポイントです。アメニティも一式そろっていますが、BBQに必要な調理器具や土鍋器具が借りられるところが魅力です。(別で予約が必要)

 

こちらはキッチン。各種調味料や包丁、鍋、スプーンにグラスなどが揃っています。

ホームページにも器具は記載されていますが、今回一緒に宿泊した沖縄移住ライフハックさんのサイトにかなり細かく書かれていました。恐るべし…(^p^)

 

「トリップショットヴィラズ・ハマヒガ」BBQ・お鍋もワイワイ楽しめる、ホテルに泊まってきた「トリップショットヴィラズ・ハマヒガ」BBQ・お鍋もワイワイ楽しめる、ホテルに泊まってきた

ウェブライター・エッセイストの真崎さん主催で、沖縄在住のライター&ブロガーさん数人で…


 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガのキッチン

 

キッチンの裏にある扉を開けると冷蔵庫や電子レンジをはじめ、洗濯機、乾燥機、無料のコーヒーカプセルもついているエスプレッソマシンなどなど、「不自由なし」を通り越してもはや「快適」。

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ
 

ウェルカムドリンクも人数分用意。オリオンビールとポカリスエット、水にグラスまで冷やされています。もちろん無料です。これは地味に嬉しい!

 

ウェルカムドリンク

 

こちらは2階の寝室横。1階の入り口前にもトイレがありますが、なんと2階にもトイレが。浴室と別々ですし、タオル、歯ブラシ、スリッパ、シャンプー類などもちろん揃っています。そしてこの統一された雰囲気。

 
トリップショットヴィラズ・ハマヒガの設備 

 

浴室はオーシャンビュータイプと崖ビュータイプの2つがあり、こちらは海を眺めることができるオーシャンビュータイプ。水圧もチェックしましたが申し分なし!

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガの浴室

 

人気があったのがマッサージチェア。外の景色を見ながらマッサージを受けるとか贅沢の極み。

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ

 

 

食材さえ持ち込めばOK!


 

事前に申し込めばBBQ機材を借りれちゃうので、あとは食材さえ用意すればお手軽にバーベキューができちゃいます(食材付きプランもありますよ!)。しかもガスバーナーなので後片付けも簡単!

 

BBQコンロ

 

土鍋も借りれるので冬は鍋もできちゃいます(^p^)
もちろんわれわれはバーベキューも鍋も両方贅沢に堪能させていただきました…\(^o^)/


 

鍋セット

 


 

まとめ

 

設備は十分だしロケーションもばっちりだし、これ以上に望むものがないほど素敵なホテルでした。優雅な休日とはまさにこのこと。

お泊り会や女子会、デートやプチ旅行などさまざまなシチュエーションで使える場所なので、ぼくは内地から遊びにくる友達に薦めて遊びに行きたいと思います(笑)

 

 

[次回予告]

トリップショットヴィラズ・ハマヒガに宿泊したら全身がパワースポットになったよ。(仮)

 

 

 

トリップショットヴィラズ・ハマヒガ
http://hamahiga.tripshot-hotels.com/


 

 

 

管理人
ひとこと

波の音も聞こえます。

 

合わせてこちらもどうぞ:

—おきなわの魅力が満載!—
沖縄関連の記事へ


OKINOTEからお知らせ

  

沖縄の役立つリンクまとめ始めました。


沖縄ファミリーマート初寄稿記事 !沖縄の道の駅を取材しました。
地元ンチュがおすすめ!許田、糸満、ぎのざ・・7つの道の駅で味わえる「おいしいもの」を食べに行こう (外部リンク)

  

[随時更新]Amazonのほしい物リストを公開中!

スポンサーリンク

ad


シェア感謝です! \(^o^)/

本日の「沖縄」カテゴリ人気記事!
この記事似てるかも?
沖縄 オリオンビール

いくつ知ってる?歴代オリオンビール130種類以上が大集合!

  1957年に創業してから今年で57年。 沖縄の大手企業オリオンビールは半世紀以上沖縄とともに歴史を歩んできました。 これまでオリオンビールから発売された製品はなんと…

記事を読む

よへなあじさい園.jpg

映える群青。30万輪のあじさいが咲き誇る本部町『よへなあじさい園』は梅雨の時期におすすめ

梅雨の時期。雨が降っても回れる数少ない観光スポットが「よへなあじさい園」。本部町伊豆味の奥地にあるあじさい園は、30年以上かけておばぁが育てたあじさいなどの花々が30万輪咲いています。見渡す限り咲き誇…

記事を読む

瀬長島の遊歩道

遊歩道が完成!観光地としての整備が進む瀬長島の今を紹介します。

沖縄の南部にある、定番のドライブスポットといえば『瀬長島』。イタリア風のリゾート地の建設が進んでいたりと、今年話題のスポットになるのは間違いなし。つい最近行ってみると、ホテル横の高台から南側の沿道にか…

記事を読む

沖縄大百科事典

「ン」で始まる言葉も⁉︎ 沖縄を詳細に記した最初で最後の『沖縄大百科事典』とは?

沖縄タイムス社が創刊35周年を記念し1983年に発行した百科事典。上中下3巻と別巻1冊からなるこの書物は、定価55,000円という破格の値段。沖縄タイムスの記事によると、総経費は約7億5千万円、1万7…

記事を読む

language

沖縄の言葉は方言じゃない?

沖縄の言葉を方言だと思っていませんか?。実は沖縄の言葉は方言ではありません。2009年2月にユネスコが発表した調査結果によると、沖縄の言葉は「◯◯」になります。…

記事を読む

2014-0217.1

新観光スポット!絶景が望める『古宇利オーシャンタワー』とは

2013年11月23日に古宇利島にオープンした新施設『古宇利タワー』という新観光スポットが誕生しました。 有料の展望台施設としては県内初ということでいざ観光!…

記事を読む

沖縄 58号線

58のスタート地点知ってる?沖縄の大動脈『国道58号線』のまめ知識!

    沖縄の主要道路といえば西海岸を走る58号線、中央を走る330号線、東海岸を走る329号線の3つ。   58号線は「ゴーパチ」という名称で親…

記事を読む

サイトアクセスランキング

売上ランキング100社を調査。沖縄でアクセス数トップの企業サイトは?

他サイトにどれぐらい訪問者がいるか知りたいときに使える 「SimilarWeb」という便利なウェブツールがあります。これを使って、興味本位で沖縄県の企業のアクセス数を調べてみました。…

記事を読む

瀬長島ウミカジテラス

沖縄にイタリア風リゾート地!?『瀬長島ウミカジテラス』のコンセプトが素敵すぎる!!

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 那覇空港近くにある、気軽に行ける離島「瀬長島」。2013年に、海を見ながら温泉に入れる「琉球温泉瀬長島ホテル」ができてか…

記事を読む

沖縄ライカム3F映画館

最新映画館にライブステージ!エンタメ溢れるイオンモール沖縄ライカム!

  ハイサイ!ショウ(@OKI_NOTE)です。 前回の第一弾に続き、巨大な『イオンモール沖縄ライカム』の全貌に迫っていきたいと思います!今回メインで紹介するのは、専門店…

記事を読む

ad

糸満の電照菊
秋夜彩る電照菊。南部有数の糸満市小波蔵はドライブコースに最適

  涼しくなってきたこの時期。いかとお過ごしで…

「美らイチゴ糸満農園」
予約不要でいちご狩り。南部に「美らイチゴ糸満農園」がオープン!

2017年2月15日に開園した新いちご狩りスポットに行ってきました。予…

ルネッサンスリゾートオキナワのイルミネーション
プールに浮かぶ青イルカ。ホテル『ルネッサンスリゾート』のイルミネーション

大きく光る「R」のロゴ。ホテルのビーチエリアに約8万球の明かりが灯りま…

中国式庭園・福州園のライトアップ
日本百名月に認定。那覇市『福州園』の夜間特別ライトアップ

異国情緒あふれる那覇市『福州園』。ライトアップイベントは、2016年度…

2017-0327.4.jpg
海も見渡せる沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行ってきた。

那覇から片道2時間半。沖縄最北端の花カーニバル『東村つつじ祭り』に行っ…

ケータリングサービスinOIST
上間弁当てんぷらの新サービスがお洒落すぎて紹介せずにはいられない

弁当や惣菜でおなじみの「上間弁当てんぷら」が新ケータリングサービス"C…

名護城公園ビジターセンターSubaco(すばこ)
こんなところに!沖縄建築賞受賞の穴場カフェ『名護城公園ビジターセンター』

2015年7月にオープンした新施設「名護城公園ビジターセンター Sub…

  • LINE スタンプ記事一覧へ ニューヨークの記事一覧へ 沖縄関連の記事へ starbucksの記事へ EOS70Dの記事へ